トラックボールマウス初心者にお勧めのロジクールの『M570t』【インプレ】

M570t トラックボールマウス

親指マウスの一番人気は、ロジクールのM570(t)だと思います。Amazonのレビューも高評価が多いように思います。私の評価はというと…。
私はメインにエレコムさんのM-XT3DRBKを使っていますので、これとの比較が多いインプレになりました。

▼私が購入したのは、USBレシーバ(Unifying)をPC側に挿して使う無線タイプのものです。

M570t トラックボールマウス

スポンサーリンク

トラックボールマウス(親指操作タイプ)とは?

親指でポインタの動く方向を操作するタイプのトラックボールマウスです。本体は動かしません。

M570t トラックボールマウス

M570t

M570tの製品仕様はロジクールさんのサイトが詳しいです。

サイト:logocool WIRELESS TRACKBALL M570T

 

ロジクールさんによると、M570tの必要システムはWindowsXP/Vista/7/8/10/RT・MacOSX10.5以降だそうです。
USB無線レシーバ(Unifying)を使ったワイヤレス仕様なので、もちろんPC側にUSBポートが必要になります。それとソフトウェアをダウンロードするためのネット環境。(2017/11/17 現在)

M570tのインプレ

トラックボールマウスの利点そのままなのですが、私にとっては、肩こりや手首の負担が少ないのが大変嬉しいですね。

極めてシンプル

エレコムさんのM-XT3DRBKと比べると、ボタンが1つ少なく、中ボタンのチルト機能がありません。Windowsで使うとなると、タスクビューを割り当てるボタンがもう一つ欲しいかな〜、と思います。(戻る/進むボタンに登録すればいいんですけどね。)

リンク:エレコムのM-XT3DRBKトラックボールマウスを使って2年目【インプレ】
ボタンを割り当てられるのが嬉しい

M570t トラックボールマウス

▲ 3はホイールスクロール。押せば中央ボタンになります。

▼ Windows10の設定アプリSetPoint。

M570t トラックボールマウス

ボールの滑りが最高です。

滑らかです。非常に滑らか。ボールが思い通りに動きます。

AffinityDesignerというIllustratorライクのグラフィックソフトでこのホームページの画像を作っています。全てトラックボールマウスで操作しています。
使い出しの頃は、親指がつりそうになりましたが、今では細かい作業もなんのその。

メインで使っているM-XT3DRBKのボールが酷すぎるので、入れ替えて使っています。
それで、M570tにはM-XTのボールを入れて使っているのですが、M-XTで使うよりも多少はまともに使えています…。気持ちの問題かもしれませんが。

ロジクール Unifying テクノロジー

1つのUnifyingレシーバで複数のマウスやキーボードを使用できるので、USBポートを無駄に使わない。
エレコムさんのUSBレシーバはこれができません。

その他

電池の持ちは、普通のマウスより長持ちすると思いますよ。

環境によっては誤作動を起こしやすい

使っている環境によっては、急にポインタが反応しなくなったりして、ポインタが飛び飛びになったりするようです。

引っかかりがある動き
イメージ

私の作業環境(MacBook Pro)では、特に誤作動が酷いので使っていません。

M570tはWindows機、M-XT3DRBKはMacという風に、使い分けています。

ロジクールさんのサイトを見てもらえればわかるのですが、正常に動作しない時の対策が多数載っています。
正常に動かなくて困っている人は参考になるかと思います。

サイト:ワイヤレス トラックボール M570 – Logicool サポート – Logitech Support 参照

おそらく全ての現象は無線USBレシーバ(Unifying)が関係していると思われます。混線しやすいのかもしれませんね。

ロジクールの親指トラックボールマウスの後継というか上位機種MXTB1sを2017年9月に発売しています。こちらはbluetooth接続にも対応しているので、こういった問題は起きにくいかもしれませんね。

▲ でも高杉。

総 評:トラックボールマウスはボールが命。

製品自体は極めてシンプル。ボールがとにかく素晴らしい。M-XT3DRBKが酷すぎるだけかもしれませんが…。

M-XTと同じく、ボタンがあともう一つ、中ボタンのチルトもあれば最高なんですけどねえ。そうなってくると、上記の上位機種になってしまいます。高杉。

電池の持ちはM-XTよりも良いと思います。

トラックボールマウスの利点

『慣れてしまえば、普通のマウスには戻れない。』トラックボールマウスを気に入っている人達の総意かなと思います。

トラックボールマウスの利点とそうでないところ

利点を一言でいうと、

指だけでポインタを操作する。

これに尽きます。

指だけで操作するので、手首から肩にかけて力があまりかからないので、腱鞘炎や肩こりの心配が少ないです。

それに、本体ごと動かさないので、場所をとりません。動かすのは指のみ。

難点は、

慣れるのに時間を要する。

というところでしょうか。私の場合は、2日ぐらいでしたが、人によるでしょうね。

普通のマウスでは身体が疲れる人、いつも同じマウスで飽きた人は一度使ってみたら良いと思いますよ。

終わり:ぜひとも使ってみてほしい。

初めてトラックボールマウスの購入を検討しているならば、間違いなくM570tだと思います。普通のマウスに一番近い形。滑らかに転がるボール。馴染んでしまえば、手放せなくなると思います。
操作感が肌に合わなかった。というのはどうしようもない話ですが。

似たような形、価格帯のもう一つの対抗馬M-XT3DRBKは、ボールの出来がイマイチ。トラックボールマウス初デビュー失敗の可能性が高いかと思います。ただ、ボタンの数が多いので便利なのですが…。

リンク:エレコムのM-XT3DRBKトラックボールマウスを使って2年目【インプレ】

 

“M570t”のインプレは以上です。最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク