HOKOの焼きさんま大根おろしで「大根おろし」を思い出しました【缶詰】

遠赤外線で焼いたさんまに大根おろしが入った缶詰です。

大根おろしって新鮮さが命だと思いますが、缶詰に合うのかな?ちょっと疑問なのですが、焼きさんまに大根おろしが入った缶詰って結構種類があるようで…。

試しに食べてみることにしましたよ。

HOKOの『焼きさんま 大根おろし』で大根おろしを思い出しました

HOKOの焼きさんま大根おろし

HOKOの焼きさんま大根おろし

名称 さんま味付
原材料名 さんま、大根、砂糖、しょうゆ、みりん、食塩、増粘剤(グァーガム)、(原材料の一部に小麦を含む)
内容総量 100g(固形量80g)

増粘剤(グァーガム)が入っていますねえ…。これが入っている缶詰ってみんな同じ食感、同じ味付けになるんですよねえ…。ちょっと不安。

グァーガムとは?

グァー豆(クラスタ豆)の胚乳から得られる水溶性の天然多糖類のことで、食品添加物として増粘剤、安定剤、ゲル化剤として用いられるそうです。

▼ その辺の空き地に生えていそうな感じですね。

クラスタ豆
出典:Wikipedia/クラスタマメ
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/クラスタマメ

缶詰オープン!!中身を確認

HOKOの焼きさんま大根おろしオゥ、イッツビューティフル~

缶を開けると、サンマの匂いと、作り置きしておいた大根おろしの甘い匂いが漂ってきました。

よく見ると、大根おろしがうっすらと入ってます。

さんまが大根おろしでうっすらと雪化粧をしています…。

焼きさんまの大根おろし漬けって感じですね。

実 食!!:予想通りの味わい

今回はご飯無し。温めもせず、そのまま頂きます。

HOKOの焼きさんま大根おろしし皿に盛ったら大根おろしの所在がわからなくなりました。

炭で焼いたかどうかわかりませんが、そんな香りのあとに甘味が口の中に広がります。

安価な缶詰って砂糖の甘さの強いものが多い感じですが、これは大根おろしの甘さもあるかんじ。私には伝わりましたよ!

あとは、内臓がしっかりとれてるので食べやすいです。身はパサパサですが、日にちをおいたら柔らかくなるかもしれません。まあ、このクラスの缶詰はどれも似たような食感と味ですね。

完食です、ごちそうさまでした。

総 評:正直に言いますと…

正直、安価なサンマの缶詰はどれも似たり寄ったりで、飽きてきましたよ…。

缶から出して何も味付けせずにそのまま食べましたが、柚子やレモンなんかで新鮮さを演出し、味を変えて食べたほうがいいかなと思ました。

管理人の私は、缶詰の魚ばかり食べています。自分で焼かなくなったので、すっかり大根おろしの存在を忘れていました。

今度は水煮(があれば)のサンマでも買ってきて、ゆずと大根おろしで美味しく食べてみたいです。

焼くのは面倒だし…。

HOKOの焼きさんま大根おろし

以上で、”焼きさんま 大根おろし”のお話を終わります。