カレー:少なっ!?いなばの「チキンとインドカレー」はクオリティ高し!【缶詰】

いなばのチキンとインドカレーチキンとインドカレー

いなばさんのタイとインドシリーズの缶詰「チキンとインドカレー(黒カレー)」をいただきました。

レトルトカレーと違って缶に入っているので、温めるのにちょっと手間がかかりますが、おいしかったので、良しですよ?

タイとインドシリーズの缶詰「チキンとインドカレー(黒カレー)」

小さい缶詰ですね。私が買ったときは110円+税でした。

ぶっちゃけ、コスパは悪いかも…。

とりあえず、早速缶詰を開けてみました。

缶詰オープン!

いなばのチキンとインドカレー

冷たいからか、フタを開けてもあまりカレーの匂いはしませんでした。

黒っぽい色は練り黒ゴマですね。

レンジでチンするので器に入れ替えます。ちょっと面倒。

いなばのチキンとインドカレー

それでは実食! 少ないけれど~

いなばのチキンとインドカレー
あまりどろっとしていません。

ピリッとくる辛さがエスニックな感じです。

このカレーのどこがインドカレーなのかわかりませんが、小麦粉でとろみをつけていないので、安っぽい味がしません。

また、増粘剤も主張しすぎてないようで、好感が持てますね。増粘剤が目立ちすぎると、不自然で人工的なとろみになるんですよね…。

チキンは味が染みておらずパサパサでしたが不味いわけじゃないので合格点です。(経年で味が染みるのかも)

ただ気になるのは、カラメル色素や増粘剤って必要なんですかね?

ガッツリ食わないカレー

「チキンとインドカレー 黒カレー」の内容量は115g。それに対して「ボンカレーゴールド」は185g、70gも少ないです。

このカレーは、一品でモリモリガツガツと食べるカレーではなく、副菜を沢山用意してオシャレに食べるカレーかな。

缶詰は面倒

量は少ないですが、価格はお手頃。その割には美味しかったです。

しかし、温めるのが面倒。

缶を火にかけて直接温めるわけにはいかないので、温めるときは、別の容器にいちいち移さないといけません…。

温めずに、そのままご飯にかけても良いのですが、カレー自体が温まっていないと香りが弱いので、やはり温めて食べた方が何倍も美味しいです。

おススメしたい方は、

  • 缶に入っているのを面倒と感じない。
  • ガッツリ食わない。
  • 調理の材料として使う

この3つのどれかに当てはまったら、ぜひどうぞ。

内容量など

いなばのチキンとインドカレー

内容量 115g
原産国 タイ
原材料名 鶏肉、たまねぎ、ココナッツミルク、トマトペースト、カレーペースト、野菜スープ、砂糖、バター、大豆油、香辛料、ねり黒ごま、食塩/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン)、カラメル色素、pH調整剤、(一部に乳性分・大豆・ごま・鶏肉を含む)
保証成分値 100gあたり:エネルギー118kcal、たんぱく質9.2g、脂質6.1g、炭水化物6.6g、食塩相当量1.8g

▼ いなば食品さんの「タイとインドシリーズ」専用サイト。缶詰カレーを使ったレシピも紹介されています。

参考 いろいろあります!タイ&インドシリーズいなば食品株式会社