『オスバンS』で衣類を消毒殺菌して嫌な臭いを解決!【失敗しないやり方】

オスバンS

何度洗濯しても嫌な臭いがとれない衣類は、細菌が繁殖しています。一度この状態になってしまうと、普通の洗濯洗剤で臭いを落とすのはかなり大変です。

こういうときは、逆性せっけん『オスバンS』を使って、臭いの元(細菌)を絶ってやります。

このページは、

  • オスバンSについて、注意事項など。
  • 消毒殺菌の方法
  • 消毒殺菌の結果
  • 色落ちは大丈夫なのか?

をメインに簡単に解説したいと思います。

注意

オスバンSの使用用途には、衣類の殺菌消毒に関する記述がありません。

殺菌消毒は自己責任でよろしくお願いします。

参考 オスバンS日本製薬株式会社

『オスバンS』とは? 注意事項は?

『オスバンS』は殺菌消毒剤です。汚れを落とす洗剤ではありません。

オスバンS

『オスバンS』とは?

『オスバンS』は、薄めて使う殺菌消毒剤で、手指や創傷面(いわゆる傷)の殺菌消毒から、公衆衛生または家庭衛生といった様々な場面で使うことを想定しています。

しかし、『オスバンS』のラベルや、ウェブの製品ページに書いてある使用法などには、衣類を消毒する方法の記載はありません。

ですから、衣類の消毒は自己責任でお願いします。

『オスバンS』を使った洗濯(消毒)の注意事項

前述のとおり、『オスバンS』は薄めて使う殺菌消毒剤です。「逆性せっけん液」という名前ですが洗剤ではありません。

これからやろうとしていることは、

洗濯ではなく、消毒です

衣類に繁殖した嫌なにおいの元(雑菌)を『オスバンS』で消毒殺菌します。

ちなみに、なぜ「逆性」なのかというと、普通のせっけんとは逆の性質を持っているからです。

『オスバンS』は第3類医薬品です。商品のラベルや商品のサイトにある使用方法などを必ず確認してから使いましょう。

  • 必ず薄めて使う事。
  • 用法や用量・使用上の注意・保管および取り扱い上の注意を必ず読み、守ること。

そして、『オスバンS』の”保管および取り扱い上の注意”によると、

(5) 皮革製品に付着した場合は、変質させることがあるので注意すること。

(6) 染色した布地は退色することがあるので注意すること。

と記載してあります。

今回は、綿100%の染色したTシャツを殺菌消毒するので、退色が気になるところ…。

ペアスキンコットンTシャツ

せっかくなので、作業前と後の水の色を比較してみましたよ。後の方の章で写真をアップしてあります。

▼ 『オスバンS』の商品ページです。参考にしてください。

参考 オスバンS日本製薬株式会社

▼逆性せっけんについて、わかりやすく簡単に解説しておられます。

参考 逆性石鹸とは何ですか?石鹸百科

『オスバンS』を使った殺菌の方法

それでは、始めたいと思います。今回は「たらい」を使って漬け込み殺菌を行いたいと思います。

注意事項を交えながら、手順を書いておきます。

前準備その1:用意するもの

今回は、漬け込み作業なので、タライまたはバケツなどの容器を用意します。容器がなければ、お風呂や洗面台を利用します。

オスバンS

  • オスバンS
  • すでに洗濯した衣類
  • タライまたはバケツなどの容器
  • ゴム手袋

ここで、注意してほしいことは、殺菌消毒する衣類は、洗剤で洗濯して汚れが落ちたものを用意すること。

というのは、衣類の汚れ(タンパク質など)と逆性せっけんが結合してしまい、本来の殺菌消毒の役目を果たさなくなってしまうからです。

ですから、殺菌消毒するものは、汚れがしっかり落ちたものを用意しましょう。

前準備その2:注意すること

  • オスバンSは水で薄めて使う。
  • オスバンSと洗剤を一緒に使わない。
  • 殺菌消毒後は水でしっかりすすぎ、再度洗剤で洗濯をすること。

『オスバンS』は、逆性せっけんというもので、洗剤と一緒に使うとお互いの性質を打ち消し合って、どちらの効果もなくなってしまいます

というわけで『オスバンS』は必ず単体で利用しましょう。

また、殺菌消毒後の衣類は、水でしっかりすすぎ、再度洗剤で洗濯して『オスバンS』が残らないようにしてやります。なぜそうするのかというと、皆さんそうしているからで、ハッキリとした理由はわかりません。

おそらくですが、オスバンS(塩化ベンザルコニウム)は有機物(タンパク質など)と結合する性質があるので、衣類に逆性せっけんを残したまま着用すると、体の汚れ(タンパク質)と結合して汚れが強化(剥がれにくくなる)されてしまうからだと思います。

そうなると、衣類に細菌が発生しやすくなってしまいます。(他の理由として、皮膚に薬剤が長時間触れるのは良くないですよね)

不確定な情報ですみません…。

殺菌消毒の手順

STEP.1
タライに水とオスバンSを入れる

まず、ゴム手袋をはめて、

  • 水5リットル
  • オスバンSのキャップ2杯(500倍液)

をタライの中に入れてしっかり混ぜます。

タライ

オスバンSの使用方法には、布地に関して水で希釈する濃度や漬け置き時間が示されていません。ウェブを見てみると、皆さんそれぞれ違うようです。今回は、私の方法を書いておきます。

STEP.2
衣類をタライの中に入れる

衣類をタライの中に投入し、衣類の中に含まれている空気を手で押してしっかり抜く。

タライに漬け込み

STEP.3
漬け置く

 

1~2時間漬け置きします。私は1時間ちょっと漬け置きしました。

STEP.4
水でしっかりすすぐ

水でしっかりすすぎ、脱水します。私は3~4分すすぎました。

STEP.5
洗剤で洗濯

洗剤を使って、洗濯します。

STEP.6
干して終わり

以上です。

『オスバンS』で殺菌消毒してみて…

嫌な臭いがしっかり落ちました

以前は、Tシャツを洗濯をしても嫌な臭いが一時的に消えるだけで、着用して汗をかくと嫌な臭いが復活する…という最恐最悪な状態が続いていました。

しかし消毒殺菌後、汗をかいても丸一日どころか二日着用していても臭いが発生しなくなりました。

「効果てきめん」ってやつですね。(普段、1日着たら、ちゃんと洗濯しています)

衣類の臭い対策

普段から洗濯機の洗濯槽を洗っておくことが大切です。夏場なんてすぐにカビが生えますよ。それから、洗濯物はなるべく日光の元で干すようにすること。

あと、大事なのは体を清潔にしておくこと。

男の人は体臭対策を!

男性の体臭の対策に男性用のボディウォッシュ(薬用)を使うといいですよ。衣類につく嫌な臭いがずいぶんと軽減します。

私の場合、汗だくになった衣類でも嫌な臭いがほとんどしなくなり、「ホントに丸一日着たのかな?」ってぐらい改善しました。

普通のボディウォッシュと比べると高価なので、私は2~3日に1度くらいしか使っていませんが、十分効果を発揮してくれています。おススメです。

退色は大丈夫そうです

今回殺菌消毒したTシャツは、染色した綿100%です。殺菌後の液が赤色っぽくにごるかなと思っていたのですが、この感じだと色落ちは大丈夫そうですね。

▼ 左が殺菌消毒後。右が殺菌消毒前。

オスバンS

また、仕上がったTシャツの色を見る限り、極端な退色はなさそうです。

今のところ、この方法で10着くらい綿Tシャツや化繊Tシャツ、綿カーゴパンツの処理をしていますが、衣類の極端な退色はありませんでした。

※ 不確定な情報ですみません。結局、洗剤が一番色落ちするので、比べようがないのです…。

今回は1時間の漬け込みでした。さらに長時間漬け置くとどうなるか? さらに色落ちしやすい布地だとどうなるのか? といった問題がありますので、殺菌消毒の際は注意してください。

おわりに…

最後になりましたが、逆性せっけんはけっこうデリケートです。容器の中に異物を混入させないこと。有機物が入ったりすると細菌が繁殖し、製品本来の働きをしなくなることもあるそうです。

『オスバンS』は保管・使用上の注意を必ず守ること。

お疲れさまでした~。