大盛大阪かすうどん:コスパはいいと思います!【カップ麺/食レポ】

大阪かすうどん

近所のスーパーに行ったら、投げ売りされていたので、購入してみました。う〜ん、正直。

大阪かすうどん【食レポ】

ヤマダイ(株)さんの “うまいヌードルニュータッチ” は、コスパで低価格な商品につけられたシリーズ名のこと。

今回紹介する「大盛大阪かすうどん」も “ニュータッチ” シリーズの一つで、その中の「大盛ご当地シリーズ」でもあります。

そして、大阪では有名な「かすうどん KASUYA」さんが監修しているとのこと。

では、早速、食レポに移りたいと思いますよ。

MEMO

かすうどん

油かすをトッピングしたうどんのこと。

油かすとは、牛の腸を油で揚げ、余分な油・水分を抜いたもの。

油かすは大阪のソウルフード?簡単に『かすうどん』を作ってみました

食べる前に、忘れてはいけない…それは…

それは、「期待しないでね」ということ。

先ほど書いたように、”うまいヌードルニュータッチ” という廉価商品なわけですよ。

さらに、廉価なのに大盛りなわけですよ…。

じゃ、気合の入ったところで、さっそく食べてみますよ!

極めてオーソドックスなカップ麺

蓋を開けると、かやくとスープが入っていました。

大阪かすうどんの内容物

KASUYA さんのHPはこちら

スープが粉末でなく、液体。

これは、油(原材料名より・動物油脂)を使っているからでしょうね。

そして、どれくらい「油かす」が入っているか見てみたくて、白い器に移してみました。

大阪かすうどんのかやく

とろろ昆布も入ってます。

パッとみた感じ、油かすはどこにもないですね…。

あれっ!?と思って、容器に書かれた原材料名を見ると、どうやら、揚げ玉の中に油かすが入っているようです。

ち、ちいさい…。

調理といっても、お湯入れるだけですが

では、さっそく熱湯を入れて、作ります。

大阪かすうどんの調理

大阪が(蕎麦でなく)うどん一色になったのは、明治のはじめごろという話があります。ちなみに、蕎麦「店」の発祥地は大阪です。

ふつうは、麺の蓋の上に液体スープを載せて温めますが、私の場合、スープの袋をいつもお湯に入れています。

変なところで神経質な性格なので、ちょっとでもぬるくなるのが嫌なんですよね…。

というわけで、5分経過。食レポ開始です。

それでは実食!

まずは、ダシをすすります。

これは、関西風のダシじゃないような…。どちらかというと関東風かな。そして、甘辛い。

大阪かすうどん

味がしまるので、七味を使ったほうがいいです。

私がいつも食べてるうどんと違って、昆布ダシの深みがほとんどありません。カツオが強いのかな?

大阪の会社が監修したということですが、ちょっと意外。

でも、油かすにあう味付けなのかな? 甘い味でこれはこれで美味しいです。

では、肝心の油かすのコクはあるのかというと…。

たまーに、油かすの牛脂が口の中にふわっと広がります。

かすうどんを食べているという認識を確かめならが、かすうどんを食ってる感じ。

麺は、ボリューム満点! いいねー。

総評:油かす風うどんでした

かすうどんを廉価なカップ麺にするために、油かすを揚げ玉に入れたり、スープを液体にしたり、ビーフエキスを使ったりと、苦労の跡が見られるお味でした。

正直にいうと、油かすが少なすぎて、ちょっと寂しい気持ちに…。

でも、「廉価」な商品で、「大盛り」だと考えると、コスパは良いと思います。そこそこ美味しいですし。

かいわれ

ネギばかりだと飽きるので、かいわれも薬味で使います。

というわけで…

かすうどんのチェーン店があるなんて知らなかったので、今度実店舗に行ってみたいと思います。