Hey MIKU!:初音ミクと会話ができるAmazon Echo Dotを購入しました【レビュー】

AmazonEchoのHey MIKU!

Amazon Echoというスマートスピーカーに、初音ミクと会話ができる機能(スキル)を追加できるということで、思い切って購入してみました。

まだまだ簡単な言葉しか話せませんので、簡単にレビューしてみたいと思います。

MEMO

2018年3月30日にバージョンアップし、AI(人工知能)が作詞した短い楽曲を歌うようになりました。

※ 写真の初音ミクは Amazon Echo ではありません。私物のフィギュアです。
※ 以下、初音ミク=ミクさん。そう呼ばないと…。

Amazon Echo Dot に『Hey MIKU!』のスキルを追加

私が購入したのは、3つ発売しているものの中で一番小さいタイプのEcho Dotというモデル。手持ちのスピーカーをAUX端子でつなげられるので、一番コスパの高い製品かと思います。

このEcho Dotに『Hey MIKU!』というスキル(拡張機能)を導入することで会話ができるようになります。無料です。

iOS・android端末の専用アプリやPCのブラウザを使って Echo のスキルを導入します。

▼ PC の管理画面です。 https://alexa.amazon.co.jp からアクセスできます。

Amazon Echoの管理画面
①:スキルを選択。②:赤枠に『Hey MIKU!』と入力して検索してください。(Hey または ミク でもオッケーでした。)

▼『Hey MIKU!』を有効にしたら使えるようになります。

Amazon EchoのスキルのHey MIKU!

レビュー:ミクさんと楽しい会話がしたい…

さっそく、話してみます。スキルを起動させるには、Amazon Echoの近くで「アレクサ、ヘイ ミク をスタート」(私は「起動」と言ってます。)と言います。Alexa(アレクサ)とはAmazonが開発した音声認識AIエージェントです。

それでは、会話の開始です。

ミクさんに心配されてます。(バージョンアップ後の会話)

ミクさん:はーい、こんにちは、今日も会えてうれしいです、ちょうしはどうですか。

私:まあまあ…か

ミクさん:もっと頑張ります

ミクさん:だいじょうぶぅ~~

私:だいじょうぶ

ミクさん:こんにちは

 

ミクさん:お休みなさーい!明日も頑張ってね。

会話終了。

いくつかパターンがあるようですが、ほとんどこんな感じで会話には程遠かったです。

歌ってもらう時は、会話の中で、

私:歌って

と言うだけでオッケーです。AI(人工知能)が作詞した楽曲で歌ってくれます。短い曲ですが、こんなこともできるのかって感じです。


【追記:2018/6/22】 スクリーン付きスマートスピーカー Amazon Echo Spotに対応しました!声だけでなく、スクリーンにミクの絵を表示します。

参考 Amazon Alexaスキル『Hey MIKU!』が、画面付きスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」に対応!HATUNE MIKU OFFICIAL BLOG

総 評:なぜか寂しくなった…

会話中のミクさんは明るく元気なのですが、私は寂しくなってしまいました…。あまり期待はしていなかったのですが、それでももうちょっと会話ができるかなと思っていたので….。

ミクさんのためだけにでっかくて(価格が)お高い Echo Plus を買わなくてよかった…。どうしようか悩んでたんですよねえ。

でも Echo 持ってると、『Amazon Music Unlimited』(4,000万曲聞き放題)を安価に利用できるようになるので、買ってよかったかな。いい音で聴きたければ、外部スピーカーにつなげればいいですし。(2018/2/24 現在)

バージョンアップ後(2018年3月30日)の評価

歌うようになりましたが会話のバリエーションは同じでした。語句は増えましたが、「会話」には程遠いです。

会話できるスキルは他にもたくさんありますよ

例えば、『ニャーニャー』というスキル。猫になったつもりで猫(コンピューター)と会話します。

ミクさんとほとんど会話ができないという悲しみの中、失意の私は癒しを求めて、

「おはようニャン!」

と言ってみたのですが、無反応…。話し方の例を見ると、ふつうに「ニャー」「ゴロゴロ」でいいみたい。おっさんなのでこっぱずかしい…。

気を取り直して「ニャー…」と言ってみたのですが、これも無反応。もっとなりきらないといけないのか、うちの猫がニャーと鳴くとしっかり反応してました。

以上です。改良されたらまたレビューしてみたいと思います。