エレコム テンキーパッド(TK-TDM017BK):Macにつなげる方法と使い勝手など【やり方/レポート】

接続方法は、製品付属のユーザーズマニュアル通りですが、Mac 対応の製品ではありません。

それでも、一応使えましたので、Mac での接続方法や使い勝手などを記録しておきたいと思います。

注意
  • TK-TDM017BK は、Windows 用の製品です。
  • Mac で利用すると不具合が発生するかもしれません。自己責任でよろしくお願いします。
  • あくまで、私のPC環境でのお話も含まれます。PC環境によっては違うところがあるかもしれません。

TK-TDM017BK を Mac に接続する

TK-TDM017BK は、無線2.4Ghz接続を利用し、USB ポートにレシーバーユニットを挿すことで使える Windows 用のテンキーパッドです。

▼ 今回は、下記の条件で接続してみました。

MacbookPro 15 (2015・AMD)・macOS Mojave で接続

接続は、Mac の電源を一旦落としてから

私の持っている WindowsPC(10) だと、マニュアル通りに接続をしなくてもちゃんと認識して使えますが、Mac の場合は、マニュアル通りに作業を進めます。

▼ エレコムの TK-TDM017BK 製品情報ページです。ここから、マニュアル、Windows 用ドライバなどをダウンロードすることができます。

参考 TK-TDM017BKエレコム・製品情報
STEP.1
Mac の電源を切る

Mac の電源を一旦落とします

STEP.2
テンキーパッドの電源を入れる

1:テンキーパッド 左側面の電源を ON にします。

2:テンキーパッドの左上の Num ボタン を1回押す。>Num キーの  緑色のランプ が3秒間点灯します。

3:緑色のランプ の点灯が終わってから、無線アダプタを Mac の USB ポートに挿し込む

STEP.3
Mac の電源を入れる

Mac の電源を入れる

STEP.4
完了

再接続はどうか?

Mac と一度接続してしまえば、接続は維持されていましたが、レシーバーユニットを一旦外すと、Mac の電源を落としたところから再び接続し直すしかないようです

私の場合、WindowsPC とも接続していますので、Mac で使うときは、Mac の電源を一旦切っています。

TK-TDM017BK を Mac に接続できないときは…

接続できない原因はいくつか考えられます。

素早く作業を行うこと

テンキーパッドの電源を入れてから後の作業を素早く行わないと、上手く接続できないようです。

時間を空けると失敗しやすいです。

Mac の再起動ではうまく接続できない

Mac の再起動で接続を試みましたが、電源を完全に切ったところから作業を進めないと、うまくいかないようです。

USB ポートは常に同じ場所を使う

レシーバーユニットは常に同じUSBポートを使った方がいいです。

無線接続が届いていない

無線接続なので、電波がちゃんと届いていなかったり、他の機器と電波が干渉していたりすることも考えられます。

ソフトウェアが対応していない

他のソフトウエアでちゃんと入力できるか、試してみては。

または、入力関係のユーティリティーを使用していませんか?

その他

やはり、Mac 用の製品ではないので、macOS や機種によってうまく使えないことがあるかもしれません。

たまにあるのですが、USBポートが死んでませんか? USBハブとかは壊れやすいものもあるので、別口に挿してみるといいかも。

TK-TDM017BK の使い勝手

Windows で使うときと違って、ナンバーロックキー(Num)が働きませんので、方向キーになったりしません。

キーはすべて使える

数字キー・Tab・BS・符号キー(/*-+)・Enter キー・小数点、すべて使えます。

一部正常に使えないソフトウエアがある?

Amazon の TK-TDM017BK の商品レビュー欄を見ると、一部ソフトウェアで正常に動作しないことがあるようです。

「MacOS High Sierra10.13.4・Excel(MicrosoftOffice2016)で、前後に全角スペースが入りまともに使えない」とのこと。

残念ながら、Office は使っていないのでわかりませんが、私の環境下では、入力に関して、問題のあるソフトウェアはありませんでした。

「00」キーがリピートしない

「00」キーだけは、Windows でもリピートしない仕様になっています。

Numキーが働かない

ポン、ポン、ポン…と音を鳴らしながら数字が入力されていきます。

残念ながら、キーに刻印されている数字の下の「Home」「Ins」「PgUp」といったキーや方向キーは使えないようです。

数字入力専用と割り切りましょう。

その他

特に気になるところはありませんでした。

まとめ

紙の説明書なんて普段は見ないので、ブログに記録しておきました。

Num キーの切り替え機能も使いたいのなら、Mac 用のテンキーパッドを用意した方がいいかもしれませんね。