とげ抜きで掴めないトゲには迷わず針を使います【やり方】

あくまでこの方法は、皮膚からトゲが出ているけれどもトゲ抜きでは掴んで引き出せない場合の針の使い方です。

トゲが完全に皮膚に埋まっている場合は、五円玉の穴の真ん中にトゲをを押し当ててみるなどしてみて、少しでもトゲが顔を出せば、以下の方法を試してみるのもありかと…。

よく、針を使ってトゲを抜く方法に「皮膚をほじくり返して」という一文を読んで怖くてできない人は多いと思います。

だがちょっと待って欲しい、果たしてそれは真実なのであろうか?(それも真実ですが…。)

針はほじくり返すためだけにあるのではないのです…。

針には刺すという本来の使い方があります。

用意するものは、とげ抜き、針、五円玉です。
針は皮膚には刺しませんが念のためライターやガスで炙って消毒しておきます。五円玉もしっかり洗って消毒しておきます。

例えば人差し指にトゲが刺さったとします。その時は下の絵のようにして引き出します。

  1. 五円玉の穴の真ん中にトゲがくるようにして指に押し付ける。
    →トゲが押し出されます。
  2. 1.の状態のまま、針でトゲを軽く刺して皮膚から引き抜くように動かします。
  3. 皮膚からトゲが引き出されたら、トゲ抜きで最後まで引き出します。
トゲ抜き

針の先でトゲを引っ掛けるような感じで。

ポイントは針とトゲの角度。色々試してください。

以上です。どうしても取れない場合は他の方法を試すか、本当にほじくり返すか、医者に行ってください。私はめちゃくちゃ怖いので医者に行きます。