ブログの再構成、執筆とリライトを急ピッチでやっております。 ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいします。

テレビを見なくなって『変わったこと』『変わらなかったこと』とNHKを解約した話【雑記】

2年間テレビを見なくなったっても、わたしの日常はとくに『変わらなかった』です。逆に『変わったこと』といえば、心がちょっと寂しくなりました。

その理由はそれぞれ、テレビは話題の中心にならなくなったということ、生放送は人と人とのつながりがあるということだと思います。

今回は、そんな話をしてみます。テレビを捨てようかと考えてる人の参考になるかも?

また、見出し『なんしかの雑談』にて、TVを見ない人のためのNHKの解約したときの話(一軒家の場合)を書いておきます。もちろん実話です。

この記事の内容

テレビを見なくなっても日常はとくに『変わらなかった』

テレビ見なくなったところで私の日常はとくに『変わらなかった』です。

情報はネットから仕入れられますし、エンタメはYouTubeやPrimeVideoやNETFLIXなどの有料配信サービスで十分ですし。

昔テレビは、「昨日何見てた?」「あれ、おもしろかったよな!」「役者のYさんかっこよかった」といった具合に会話の潤滑油でしたが今はそうでもありません。

少なくともわたしの周りは、誰もテレビの話題をしていません。

この前、「大リーグで活躍してる彼、すごい!かっこいい!」とかTV的な話題を知人からされたのですが、「すごいですね!」「ホントかっこいいですよね!」と適当にあいづちしたあと後、ちょっとはにかみながら、

管理人

もう…ほれちゃいました♡

と言ってニコニコしておきました。そもそも中身が無い話なのでこれで十分です。

大リーグで活躍されてる彼さんがいかにすごくても、わたしには微塵も関係ない話だし、彼からおこぼれを頂けるわけではない(卑屈…)ので、これで十分です。ファンの皆様ごめんなさい。

といった具合に、TVを見なくなって2年が過ぎ、わたしの日常に『変わったこと』はありません。きっとこれからも。

テレビを見なくなってわたしの心がちょっと『変わったこと』

ぶっちゃけ、

管理人

心がちょっとさみしくなった…。

テレビの生放送は、エンタメでも報道番組でも人とのつながりを感じるんですよね。自分もその場にいるようなライブ感覚。

そういうのが見れなくなってしまったので、人とのつながりを少し失ったようでちょっとさみしい。人と人とのつながりって大切なんだなあと。

ネットでもリアルタイムの配信をしてくれればいいのですが、コストやローカル局の広告収入が減る可能性もあり、まだまだ先になりそうです。

というわけで、『変わったこと』といえば、私の心が少しさみしくなりました。

「呪いの土下座」という題名のギリギリな写真素材。

なんしかの雑談:NHKを解約したときの話

管理人

TV見てるヒマないんで、NHK解約した。

なんしか

TVを所持してたら、見てなくても受信料払わないといけないんじゃ?

管理人

屋根からTVアンテナ外して解約した。テレビはあっても見れない状態ならOKやで。

なんしか

うわっ、思い切ったことしましたね。
アンテナないってことは他のチャンネルも見れないのでは?

管理人

おうよ。TVは見なくなってたから何も問題ないわ。
そういえば、NHKを解約してすぐの頃、NHKの訪問員が来て車の中ジロジロ見てたな。

なんしか

車の中にカーナビ(TVが見れる)がないか確認してたんでしょうね。

管理人

そんなこともあろうかと、モニターがないカーステレオにしてるんよね。
わしの場合、車の中ではTVよりも音楽ってのがあるけど。

なんしか

最近はあまり見かけませんが、TVが見れる携帯電話もダメなんですよね。

管理人

それから、NHKの訪問員がしょっちゅう来てたから、家のインターホンを訪問者が確認できるモニター付きのものにDIYで交換してやったわ!

なんしか

うわっ、病的なまでに徹底してますね…。

管理人

こんどは防犯カメラをしかけようかな。

じゃあの!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
この記事の内容