ニッスイのさんま塩焼きで1年ぶりのさんまを堪能【缶詰】

缶詰 さんま塩焼

ニッスイさんのさんまの缶詰です。ラベルと原材料も微妙に違うものが2つあります。

わずかな違いしかありませんが、どっちが美味しいか食べ比べしてみます。

ニッスイのさんま塩焼きで1年ぶりのさんまを堪能【缶詰】

この缶詰は定番でしょうか、どこでも見かけます。100円ちょっとで買えますよ。

ニッスイさんま塩焼きの缶
右側は原材料が増えている。

さんま塩焼き 魚介和惣菜

名称:さんま塩焼き
原材料名:さんま、食塩、しょうちゅう(右のみ)
固形量:75g

化学調味料が入っていないところに好感が持てます。あっさりしてていいんですよ。

そして、栄養成分は…
左が、EPA 400mg DHA 900mg
右が、EPA 700mg DHA 1400mg

右側の缶は左のものより、スペックアップしているようです。右側の缶は賞味期限が長いので、新しいものに変わったのかもしれません。製品にはばらつきがありますけどね。

それでは、開けてみます

ニッスイさんま塩焼きの缶
暗くてちょっと怖い…。

写真が暗いのでちょっと見辛いのですが、パッとみて右側のスペックアップしている方はパサパサした感じです。

それにしても、缶詰の魚に慣れていないと、見た目がちょっときつい感じですね。

ぶっちゃけ左側の方が美味しいです

右側の焼酎が入った物と比べてどのぐらい違うのかな?と思っていましたが、左側の焼酎が入っていない物の方が柔らかくて美味しかったです。

右のほうはパサパサで硬かったですね。

ひょっとしたら、製造してから日がたつほどに身が柔らかくなるのかも?

ちなみに味付けの違いは分からず。一緒ですね。

見た目と違って意外にあっさりしているとかな思います。

ニッスイさんま塩焼き
右側は硬い。

ごちそうさまでした。

総評:安いが基本を押さえていて美味しい

極めてベーシック。この言葉につきます。食事のローテションに追加です。

安い缶詰って、あったかいご飯に合うように作られているような気がします。

まだまだ缶詰は続きます。もっともっとアップしなくては。