家庭用の都市ガス警報器を自分で用意したら本当に節約できるのか?【生活/アイテム】

生活 ガス警報器の節約

ガス警報器を設置してから5年の有効期限が来ましたので、節約とばかりに、新しいものに自分で取り替えました。

しかし、調べてみると、私の場合はガス警報器を設置する義務はありませんでした…。

都市ガスをメインにその辺ちょっとお話しします。

私のエリアは大阪ガス(都市ガス)になります。

ガス警報器で安心を買う

ガス警報器にも種類がある

まず、ガス警報器は何かというと、

ガス警報器またはガス検知器(英: Gas detector)とは、漏れた燃料用ガスや不完全燃焼によって生じた一酸化炭素(CO)を検知して警報を発する装置である。

Wikipediaーガス警報器
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ガス警報器
最終更新 2017年2月2日 (木) 09:35

というわけです。

家庭用のガス警報器(都市ガス)には、

ガス警報器の種類

  • ガスだけしか検知しないもの
  • ガスと一酸化炭素(CO)の両方を検知するもの
  • 上記の2つに加え、火災(煙式・熱式)も検知できるタイプのもの

があります。

私が購入したのは、ガスしか検知しない都市ガス用ものです。

MEMO

一酸化炭素(CO)は、物やガスが不完全燃焼した時に発生するガスで、強い毒性があります。

「無色」「無臭」のために気づきません。

都市ガス警報器には有効期限がある

感知するセンサーが有効に働き続けるための5年の保証期間があります。保証期間が過ぎたら、交換です。

使い始めてからが保証期間の開始日となります。製造日や購入したその日ではありません。

ガス警報器の取り付け義務は、法で定められた特定の場所を除いてありません

大阪ガスさんのサイト:お客様サポートによると、

Q:必ず警報器を取り付けないといけないのですか?取り付け義務があるのですか?
A:法で定められた特定の場所を除いて、取り付けの義務はございません。
24時間安心の、ガスの見張り番として、ガス警報器の取り付けをお勧めしています。

大阪ガス(ご家庭のお客様):お客様サポート より

Q:義務のある特定の場所とは、どのような場所ですか?
A:建物区分で、特定地下街や地下室、または、超高層建物などは、ガス漏れ警報器の取り付けが義務付けられています。
ガス事業法、施行規則第108条(消費機器の技術上の基準) LPガスの場合、3階建以上の集合住宅・特定地下街・地下室などとなっております。

大阪ガス(ご家庭のお客様):お客様サポート より

私のように、ごく普通の都市ガス一般家庭2階建一軒家では、設置しなくても義務も罰則も発生しません。

安心安全を手に入れるなら、ガス会社さんで機器を買い切りにした方がよい

私がお世話になっている大阪ガスだと、リースは明らかに割高です。

台所用のものが大阪ガスさんでは、ガス漏れ・住宅火災・CO警報器つきの機器(リース・保証期間とも5年)が、

  • 買い切り14904円。
  • リースは月々360円 5年で21600円。

買い切りの方が7000円くらいお得になります。(2017/11/3 現在)

私の場合、ガス漏れしか検知できないものだったので、お得といえばお得でした。

しかし、ガスの他にCOや火災検知がついた機器で比べると…

機能が豊富なものは、ガス会社で購入するのとあまり変わらない価格(2018/4/30 現在)

私が調べた限りですが、私が買ったようなガスだけを検知できるものは安いです。都市ガスタイプで6000円前後で購入できるようです。(LPガスは3000円代後半から)

パナソニックの都市ガス用ガス警報器「Panasonic ガス当番 SH12918」

パナソニックのガス当番(SH12918)壁掛けタイプを購入しました。

しかし、ガス会社さんで売っているような、1つの機器にガス漏れ・住宅火災・CO警報の3つの機能が揃ったものは見当たりませんでした。

私がネットショップで調べた限り、ガス漏れ・CO警報器・住宅火災の3つ揃ったものはなく、ガス漏れ・CO警報器つきのものを楽天で2つ見つけました。

価格を見ましたが、ガス会社のものとほとんど変わらない価格になります。

安心安全を考えるなら、ガス漏れの機能しかないものではなく、火災・CO警報の機能がついたものを選択した方がよいかもしれません。ガス会社で購入するなら、無料で取り付けてくれると思いますし。

個人で購入して取り付けるときは要注意!

ネットやホームセンターなどで自分で購入する場合は、

  • 都市ガス用かLPガス用か、どちらが必要か。
  • 検知はガスだけで良いのか?

が重要になってくると思います。

そして、取り付ける際は、

  • 都市ガスとLPガス用途では取り付け場所が違う。
  • 取り付けたら、必ず動作確認を行う。

動作確認用のライター(都市ガス)が売っていますよ。

都市ガスとLPガスの違いは?

原料が違います。

  • 都市ガスはメタンを主成分とした天然ガス:空気より軽い。
  • LPガス(プロパンガス)はプロパンとブタンを主成分とする液化石油ガス:空気より重い。

そして、原料の違いによって性質が違ってきます。ガス警報器の設置場所が都市ガスとLPガスで違うのはこのためです。

節約はできたものの、ちょっと不安が残りました

節約はできましたが…、ガスしか検知しない機器なので「ちょっと不安かも…」といったところです。

私は、ガスしか検知しない製品とわかっていて購入したわけですが、やはり一酸化炭素や火災も検知できる方が安心ですよね。

火災の感知器だけ、別で購入してもいいんですが…。

というわけで”家庭用の都市ガス警報器を自分で用意したら本当に節約できるのか?”を終わります。