ホテイの『やきとり』を食べたら、ついつい昔を思い出しました【缶詰】

ホテイのやきとり

スタンダードな焼き鳥の缶詰、ホテイフーズの『やきとり』は1970年(昭和45年)生まれの超ロングセラー商品です。誰もが一度は食べたことがあるんじゃないでしょうか。

 

近ごろは魚の缶詰ばかり食べているので、久しぶりに『やきとり』を食べてみたら子供の頃を思い出してしまいました。

数十年ぶりに『やきとり』を購入。タレはやっぱり甘すぎた

今回購入したホテイの『やきとり』は最もポピュラーな”たれ味”です。他に塩味・激辛味・ガーリックペッパー味などなど様々な種類のやきとりがあります。

参考リンク:ホテイフーズ/商品案内/畜肉缶詰

 

▼ やきとり たれ味 の基本スペックです。

原材料名 鶏肉、砂糖、醤油(大豆、小麦を含む)、発酵調味料、リンゴ濃縮果汁、食塩、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、加工デンプン、調味料(アミノ酸)、カラメル色素
内容総量 85g(固形量55g)

 

色々入ってます。タレにこだわりがあるってことでしょうか。

せっかくなので湯煎(ゆせん)します

やっぱり、暖かい方がおいしいので湯煎します。

缶を火に直接かけるのはNGです。缶の内側にコーティングがしてあるので、熱で溶けだすかもしれません。

▼ 鍋の真ん中に、リングを少し開けた缶詰を置きます。熱で爆発するかもしれないので必ず開けること。缶の中に水が浸水しないように鍋に水を入れて火にかけます。鍋に蓋をして熱が回るのを早めます。

湯煎

湯煎時間は適当。わたしは沸騰後7~8分ぐらい湯煎しました。アツアツではないですね。

タレにしっかり漬かっていて、おいしそう

ホテイ やきとり

おいしそうですね。炭火の香りがほのかにしてきましたよ。色もいい感じ。

それでは実食!思った通りの味でした

やはり温めたほうがいいですね。炭火で焼いてにおいを消しているとはいえ、ちょっと鳥臭い感じが残ってます。

ホテイ やきとり

初めて食べた少年時代、こんなにうまいものが世の中にあったのか!(おおげさ)と思いましたが、今では当たり前にある甘い缶詰と同じかなと思いました。大人になったってことですかね。

甘いのが嫌なら”しお”味のもあるので、そちらをチョイスしたらいいかな。

炭火の匂いがいいですね。炭火でない焼き鳥屋さんが昔はけっこうありましたけど、炭火で焼いたものとは雲泥の差でしたからね…。

量が少ないのであっという間においしく完食です。炭火で焼いていてよかった。

総 評:甘い缶詰はどれも同じ甘さ

言ってはいけないことかもしれませんが、安価な缶詰って”甘さ”でごまかしてるのが多いんじゃないでしょうか。どれにも砂糖と増粘剤がきつくて、味も食感もみんな同じになってしまっているような気がします。さんまのかば焼きの缶詰なんかと同じ甘い味と食感でした。

焼き鳥といえばお酒なんですけど、甘すぎて合わないですねこれ…。おつまみというよりおやつって感じです。もし次にやきとりの缶詰を買うことがあるのなら、きっとそれは災害時の保存食かなと思いました。

缶詰に缶切りは昔の話

ホテイ やきとりリングを引いて開けるので缶切りいらずです。

缶切りの出番がめっきり減ってしまいました。パイナップルの輪切りのものや白桃といった果物缶ぐらいじゃないですかね。

だれが使える「缶切り」を持ってくるのか…。

私が子供の頃の話。中学時代の部活はワンダーフォーゲル部でした。ワンダーフォーゲル部とは登山部みたいなものですね。ちなみに私が在籍していたワンゲル部は1000m以上の山に登ったことがありません。修学旅行の学年全員で登った山の方が高いという。(笑)

夏にワンゲル部全員で二泊三日の登山に出かけた時の話です。2日目の昼食は、ご飯のおかずとして缶詰になっていました。

おそらく、ホテイの『やきとり』(まだ缶切りで開けるタイプだった頃)を持っていったように思います。私の部ではキャンプの定番でしたから。

そして、2日目の昼食の時間に缶詰を開けようとしましたが、

缶切りを持ってくる担当の人間が見事に忘れてきました。

これは想定内です。みんなわかってます。こういうこともあろうかと、みんな持ってきています。

「これ使って」といって渡されたのが、缶きりと栓抜きとワインのコルク抜きが一つになっている道具です。しかし、

缶切りの部分だけが壊れてました。

私も持ってきていたのですが、カードタイプの万能ツールという奴で様々な道具になるものでした。しかし、

刃が丸まってて切れませんでした。

結局、他の生徒が持ってきてたのでそれを使わせてもらいました。そして、一部始終をみていた先生に、「遭難したらどうするのよ」とこっぴどく怒られました。懐かしい思い出です。


今の子供は缶切りを使えない子供がいっぱいいるんじゃないでしょうか。

魚釣りの道具だよ

と言ったら信じるでしょうね。

というわけで、『ホテイの『やきとり』を食べたら、ついつい昔を思い出しました』という話を終わります。今度は塩味食べてみるかな。