コカ・コーラ クリアが私たちに言いたかったこと【食レポ】

コカ・コーラ クリア

無色透明なコーラはこれが世界発というわけではありませんし、他社さんからもそういったコーラがいくつかでています。

今回は、話題に便乗(遅い)して「コカ・コーラ クリア」をグビグビと飲んでみました。

すると「コカ・コーラ クリアが私たちに言いたかったこと」がなんとなくわかってしまいましたよ!

※ 先に謝っておきます。適当なことを言ってスミマセン。

コカ・コーラ クリア が私たちに言いたかったこと

世の中にはいろんな色のコーラがあふれています。

色が黒っぽいオリジナルのコーラ、青い色のブルーコーラ、白い色の雪をイメージしたホワイトコーラ、緑色の狭山茶コーラ…などなど。

そして、今回紹介するのは、2018年6月11日(月)に発売されました、無色透明の「コカ・コーラ クリア」です。

無色透明のコーラ

世界初ではありませんが、無色透明のコーラは、1993年に「タブ クリア(TaB CLEAR)」という商品をコカ・コーラさんが日本で発売されています。(アメリカは1992年)

今のゼロ・コーラと同じような味だったそうです。

しかしこれ、「コーラ」という名前がついてないんですよね…。当時のコカ・コーラ社さんとしては、「コーラ」のブランドとは切り離したものにしたかったようです。

今回発売された「コカ・コーラ クリア」は、コカ・コーラ社がつくった無色透明なコーラになるわけです。

ちなみに「タブ クリア」は、PEPSIさんの無色透明の「クリスタル ペプシ」「ダイエット クリスタル ペプシ」の対抗馬として世に出ました。

ま、タブ クリアもダイエットクリスタルペプシも、不人気ゆえに1年で生産中止となります…。

管理人の話…

1984年に発売された森永製菓の「ミラクル アルファ ホワイトコーラ」という透明のコーラを飲んだことがあります。

味はハッキリとは覚えてませんが、人工的な感じがして不味かったので、飲んでる途中で全部捨てました。

当時私は、「コーラ=コカ・コーラの味」だったので、固定観念から不味く感じたのかもしれません。

ま、こちらも1年ほどで生産中止となります。

▼ 無色透明のコーラには、1940年代ごろ、ソ連への輸出用に生産されたホワイト・コークなるものもあります。良記事です。

参考 ソ連で資本主義の象徴「コカ・コーラ」を飲むのは非常に大変だったディリィ・ニュウス・エィジェンシィ

無色透明の正体はカラメル色素

あの黒っぽい色のコーラをどうやったら無色透明にできるのかというと、カラメル色素のあるなしが一番大きいかと思います。

コカ・コーラ ゼロ 炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、カフェイン
コカ・コーラ クリア レモン果汁、炭酸、香料、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カフェイン

カラメル色素は、食品用の着色料です。クリアには、着色料が入っていません。

コカ・コーラ ゼロ と コカ・コーラ クリア 味の違いは…

ゼロとクリアの味の違いは、レモン果汁、香料、酸味料の違いで差をつけているようですね。

ゼロとクリアには同じように香料と酸味料が入っていますが、どんな種類の香料や酸味料を使っているのかははっきりと書いていません。

なぜなら、香料と酸味料は、「いくつかの添加物を一括表示してもよい」と、食品衛生法で認められているからです。

どんな種類の添加物を使っているのかわかりませんが、ここで味に差をつけているわけです。

~1886年に誕生して以来、アイコンとして長年親しまれてきた「コカ・コーラ」独特の液色には、カラメルが必要不可欠です。しかし、液色を透明にしようとするとカラメルは使えません。「コカ・コーラ」から発売される透明炭酸飲料には、味、甘さ、酸味、刺激などの絶妙なバランスが必要で、さまざまな原材料、フレーバーを吟味しました。~

日本コカ・コーラ株式会社 ニュースリリース より一部抜粋

コカ・コーラ クリアを飲んでみました

せっかくなので、チョコミント味のパンケーキと一緒に食べました。

コカ・コーラ クリア

コカ・コーラ クリアの気になる味はというと、レモンの香りが気になるスプライトといったところですが、ごくりと喉を通すとコーラの苦みを少しだけ感じました。

私には、コーラと聞いていなければ、わからない味です。

美味しいか美味しくないかといえば、私は好きですね、アリです。

最近は普通のゼロ コーラにちょっと飽きてきたので、ここのところ、クリアばかりをすでに4本も飲んでますよ。

管理人の話…
一日1本、コーラを飲んでます。最近のお気に入りは、PEPSI STRONG ZERO だったのですが、2018年4月に販売終了となってしまいました…。

コカ・コーラ クリア が私たちに言いたかったこと

コカ・コーラさんもPEPSIさんも、ライバルに対抗するために、青や緑や白のいろんな色、または無色透明のコーラを作って、日々変わり種コーラの開発に邁進しています。

それに、主力商品の黒っぽい色のコーラだけに頼ってばかりでは、飽きられて市場が滞ってしまうので、常に話題を振りまいているのです。

この無色透明のコーラは、

おまえら、もっと黒いコーラを消費しろよ

じゃないと、イロモノ コーラを飲ませるよ、色はついてないけど

という、コカ・コーラさんからのありがたいメッセージなのです。ありがたや~。

参考 Coca-Cola公式ブランドサイト

コカ・コーラ クリア
フリーマーケットで買った割れやすいコーラのグラス。今では1つしか残っていません。

総 評:コーラと考えなければ

個人的には、「コカ・コーラ クリア」を飲んでみて、1993年のその昔に飲んでみたかった「タブ・クリア」を復活してほしいと思いました…。

でもしかし、コーラと考えなければ、手軽に炭酸が飲める清涼飲料水として、いい線いっていると思います。コーラよりガブガブ飲める感じです。

▼ 世界一美味しい(らしい)といわれているコーラ。

コーラ好きなら一度は飲もう

私の近所のスーパーでは、ピラミッドのようにして積んでありましたよ。コンビニでも冷蔵庫の1段まるごと占拠していました。

コカ・コーラ クリア

ちょっとしたイベントです。コーラ好きなら、店頭から姿を消す前に飲んでおきましょう!