PSVRで見る『ブレードランナー2049』の3Dブルーレイ【PSVR/インプレ】

PSVRでBlu-ray3Dを見る

PSVRで3D映画を見るために、『ブレードランナー2049 IN 3D』を購入しました。

なかなかの迫力で映画に引き込まれましたが、映像が荒いのと3D感があまりなくてちょっとガッカリ。

というわけで、

「PSVRで3D映画を見たいけど、ブレードランナー2049はおススメなの?」

といった、あまり需要がなさそうな疑問と、

PSVRでBlu-ray3Dを見るときの注意点と使い方

を簡単にまとめてみました。

※映画のスクリーンショットは撮れないので、画像はありません。

レビュー:ブレードランナー2049 をBlu-ray3Dで…

「PSVRで3D映画を見たいけど、ブレードランナー2049はおススメなの?」という疑問には、

あまり、おススメはしない。

と答えておきます。

それは、

  • ブレードランナー2049は、3Dを活かした見せ場がほとんどない
  • PSVRの性能が低い

という2つの理由です。

そこのところをちょっとだけ、お話します。

MEMO

「ブレードランナー 2049 IN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]」は2Dでも再生できるディスクがついています。

PSVR

ブレードランナー2049は、3Dを活かした見せ場がほとんどない

ブレードランナー2049はアクションを楽しむ映画ではなく、映像と音をじっくり楽しむ映画ですね。

カメラ固定のカットが多いのと、アクションシーンが少ないですし。

たとえば、都市を囲う 巨大な壁の放水シーン。

自然と人工物が奏でるメロディー(何言ってんだ…)が素晴らしいのですが、これを3Dでじっくりと見てもしょうがないし…。

それに、アクションは「水の中に沈め合い合戦」といった地味なシーンが多くて「3Dで見てもなあ~」って感じでした。

3Dのために作られた「アバター」や3DCGを使ったバリバリアクションの「スパイダーマン」なんかとは毛色が全然違う映画ですからしょうがない。

私は2049の劇場公開を見ているので、購入する前から「3Dで見てもしょうがない」と分かっていましたが、2049のBlu-rayを購入するのは確定していましたので、「せっかくだから」という事で3D版を買いました。

ブレードランナー2049のイラスト
イラスト:おフランス太郎

PSVRの性能が低い

PSVRは「シネマティックモード」を使えば、仮想空間内の巨大なスクリーンで3D映画を見ることができます。

スクリーンのサイズは、圧巻の200インチ。

なかなかの迫力ですが、解像度の低さが災いして、映像が潰れてしまっています。

MEMO

PSVRのディスプレイ解像度は、1920×RGB×1080

左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示

もっとも残念だったのは、

  • スピナー(空飛ぶ車)が夜の未来都市を飛ぶシーン

2049で皆さん(わたしも)が最も見たいシーンの一つだと思います。

しかし、ち密に描かれた未来都市は、PSVRの解像度が低いので奥に向かうほど映像が潰れています。

また、手前のスピナーと手前のビル群しか立体感を感じませんでした。

それに、映像が暗いのも災いして、

なにがなんだか…

わかりにくい映像になってしまっています。

2049は基本的に映像が暗いシーン(ストーリーもですが)が多いので、PSVRのスクリーン解像度と画質ではうまく表現できず…。

立体的に、そしてキレイに見えたシーンは、

  • 主人公Kが屋外の酒屋みたいなところで娼婦と会話するシーン

画面は明るいし、人物がスクリーンに大きく映されるので、立体感がクッキリハッキリとわかりました。

前作「ブレードランナー」で、街の中を主人公・デッカードがレプリカントの女性を追いかけまわして廃棄(始末)するシーンがあるのですが、そういうのが2049にも欲しかったです。3D映像にピッタリじゃないでしょうか。

黒帯が立体感を損ねている

上下の黒い帯(マスク)より奥に立体が広がります。黒い帯より前に出るのは、「舞う雪」ぐらいです。

PSVRの映画のマスク
イメージ図

PSVRの性能とは関係ありませんが、この黒い帯がなければ、多少は飛び出して見えるんじゃないでしょうか。

ちょっと残念。

音声は…

ヘッドホンを接続して音声を聴いています。

劇場で2049を見たときは、音響のしょぽいシネコンだったのですが、ブラスター(銃)の発射音はドスンとお腹に響いて、「おお~」と思いました。

しかし、PSVRは低音がダメで映画館と比べると響きません。

やはり、低音は体全体、特に、お腹にドンッ!と響かないと迫力が出ないですね。

総評:PSVRの利点は巨大スクリーン

見終わった後、3D映画を見たという印象が薄くて…。

先にも言いましたが、ブレードランナー2049はアクションを楽しむ映画ではなく、映像と音をじっくり楽しむ映画ですね。

そうなると、2D4Kのきめ細かい映像と迫力の音響で2049を見たくなりますが、PS4は4KBlu-rayに対応していないため、再生機器を別に買わないといけません。

というわけで、かなり辛口なレビューになってしまいました。

しかし、PSVRは、画面が暗くなる3D専用メガネをかけなくても3D映画が見れる。

しかも、

約2.5m先に最大226インチ相当のスクリーン

が目の前に現れます。(個人差あり)

これだけでも、PSVRで映画を見る価値があると思いますよ。

3Dは作品による

私は見ていませんが、ディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」がおススメだそうです。

まとめ

良い点は、

  • スクリーンが大きくて迫力がある。
  • 映画館と違って3D眼鏡をかけないので、色が自然で明るい。

悪い点は、

  • 2049は、3Dの見せ場がない。
  • PSVRの画面の解像度が低いため細かな映像が潰れる。
  • ヘッドホンだと音響に迫力を感じない。

と、こんな感じでしょうか。


ここから先は、PSVRでBlu-ray3Dを見るための基礎知識を簡単にまとめてみました。

PSVRでBlu-ray3Dを初めて見ようとする人には「えっ、そうなの!?」という話があると思います。

ざっとでよいので、目を通してもらえたら嬉しいです。

▼ PSVRは改良されて扱いやすく。さらに価格が安くなりました。

PSVRでBlu-ray3Dを見るときの注意点と使い方

購入したのは、2017年に劇場公開したSF映画『ブレードランナー2049』です。

ブレードランナー 2049 IN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]

商品の内容は、ブルーレイ3枚組

  • 3DBlu-ray本編ディスク
  • 2DBlu-ray本編ディスク
  • 2DBlu-ray特典ディスク

となっています。

「ブレードランナー 2049 IN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]」の「3DBlu-ray本編ディスク」は、3DテレビまたはPSVRなしでは再生できません。

2DのTV(3DTVではない普通のテレビ)で見たい場合は、「2DBlu-ray本編ディスク」で鑑賞します。

3Dしか見れないと思っていたので、ちょっとラッキーでした。

注意

Blu-ray3Dは、1枚のディスクで3D2Dの両方を見れるもの、3Dしか見れないのがあります。

もし、他のBlu-ray3D(映画など)で、「3Dを見たいが2Dも見たい」という場合は、購入前に確認してください。

PSVRでBlu-ray3Dを見るために必要なもの

PSVRでBlu-ray3Dの映像を見るには、

  • PlayStation4/Pro
  • PSVR
  • DUALSHOCK4コントローラー
  • PlayStation Camera
  • TV

が必要になります。

MEMO

VRヘッドセットで映画を見るときは、TVは不要です。

しかし、PSVRを初めて使うときは、TVとPlayStation Cameraを使ってセッティングしてやらないといけません。

そして、一度セッティングすれば、TVをオンにしなくても鑑賞することができるようになります。

ここで注意点が一つ…。

Blu-ray3Dで3D映像を見る場合、PS4とPSVRをつなげているTVが、

  • 2DのTVならば、TVに何も表示されません。このとき、テレビからの音声も出力されなくなります。

2DのTVの場合、音声はVRヘッドセットのヘッドホン端子からとります。(TVの電源をオンにしていないときも)

おそらくほとんどの人は、2Dの普通のTVじゃないでしょうか。

というわけで私は、WH-H800というSONYのヘッドホンを使っています。

SONYのWHシリーズの中では、軽くて小さいのでいい感じ。

管理人の話…

PC用の2.1chスピーカーをPSVRに接続してみました。

音が周囲から聞こえる感じはしなくなりますが、低音が響くので、こちらの方が迫力がありました。

画面サイズは”中”が程よいサイズです

PSVRで見れる画面のサイズは大・中・小の3つ

PSVRを起動中にコントローラーのPSボタンの長押し>PSVRを設定する>画面サイズを選択すると、下の図のスクリーンサイズを選べる画面が出現します。

シネマティックモード
出典:Playstation.com/ゲーム以外の楽しみ方 より

2.5m先に最大226インチ相当の画面が現れる感じです。(個人差あり)

「大」サイズは迫力がありますが、視野をはみ出すぐらいスクリーンが大きくなるので、視線がちょっと疲れるかな。

「中」があまり疲れず、ジャストサイズだと思います。

映像再生中でも、PSボタン長押しで、画面サイズを変更することができますよ。

リモコンはコントローラー

PS4の場合、Blu-rayディスクプレーヤー(シネマティックモード)のリモコンは、DUALSHOCK4コントローラーになります。

DUALSHOCK4コントローラー

多機能すぎて使いづらい…。

チャプター飛ばしや早送りの方法がわからなければ、再生中にOPTIONボタンを押すと操作メニューなどが表示されます。

寝転がりながら3D映画が見れるPSVR

PSVRで3D映画を見るときの利点を一つ忘れていました。

それは、PlayStation CameraがPSVRを認識する場所ならば、

仰向けに寝転がって映画を見れる

ということです。

これがけっこう「楽」で気に入っています。

おわり

というわけで、今回は、あまり良い結果ではありませんでした。

次は評判の良い「ラプンツェル」でも見ようかなあ~と考えているのですが、おっさんの私はディズニーって苦手なんですよね。

というわけで、読んでくださってありがとうございました。