レディ・プレイヤー1:キャラを見て音楽を聴いて喜ぶ映画【レビュー】

レディ・プレイヤー1

いまだに「この世界の片隅に」を見ていません。なぜなら、

絶対に泣いちゃう

から。

泣くだけならまだいいのですが、感動して「今日から私も一生懸命生きよう!」と改心してしまうかもしれません。

ま、次の日にはそんな思いなんてどこかに置き忘れてるんですけどね。

というわけで、「毒にも薬にもならない」映画を見てきましたよ!

映画『レディ・プレイヤー1』のあらすじと感想

西暦2045年、荒廃した世界で人々の楽しみは、ヴァーチャル・リアリティの世界「オアシス」に入り浸たり、現実世界から逃避すること。

もう一つは、オアシス創設者が仕掛けたゲームをクリアして、オアシスの所有権と彼の莫大な遺産を得ること。

スラム街に住む主人公・ワッツも例外ではありません。彼もまた、自身のみじめな境遇を変えるため、オアシスに入り浸り、そのゲームに日々参加しているのです。

しかし、オアシスの管理権を独占したいがために大規模なチーム編成でゲームに挑む大企業IOI社の社長ソレントがワッツの前に立ちはだかります。

ワッツは、オアシスで出会った仲間たちとともにゲームに勝利すべく、ソレントに立ち向かいます。

とにかく楽しむ映画

ポップカルチャーや映画のいろんなコンテンツが登場するのが楽しかったです。

アニメやゲームや映画のキャラクターだったり、映画のワンシーンだったり、80年代に流行ったポップミュージックだったりと、

あ、これ知ってる!

と「宝探し」をしているみたいに楽しめましたよ。

ロボコップを見つけたときは、涙が出そうになりましたよ(ホントかよ)

ぶっちゃけ、

それだけの映画

なので、ストーリーに文句は言いません。

そういえば、

初音ミク

が出演しなかったのは意外でした。今のポップカルチャー(私の中ではポップです…)といえば初音ミクだと思うのですが。

(私が気づかなかっただけかもしれませんが…)

ただ一つの残念なところ

ブレードランナー2049やヴァレリアンを見た後だと、

映像に、個性や新しさがなかった

ので、記憶に残るシーンが一つもありませんでした。

劇中に登場した音楽

私がよく知っているものを2つだけピックアップしました。

1つ目はカナダのプログレバンド「Rush」。

ゲーム音楽で「Rushの楽曲に似てるな~」というのがけっこうあります。

RUSHのTom Sawyer

RUSHって哲学的で歌詞がわかりづらい。

脇役の人がRUSHのTシャツを着ていたようですが、全然わかりませんでした。

部屋の壁に貼ってたポスターは気づきましたが。

2つ目は、「Tears For Fears」。

80年代MTV全盛の頃、よく流れていましたよ。

Tears For FearsのEverybody Wants To Rule The World.

直訳すると、「誰もが世界を支配したい」

人間はどうあがいても孤独なんだなと思いながら聴いています。

総 評:ストーリーを気にしちゃダメ

ストーリーは、「あいつは良い奴。こいつは悪い奴。」だけ理解すれば十分かと…。

私は特に、ゲームのキャラクターを探しながら楽みました。マスターチーフ最高!

あと、音楽も。

ただ、ビデオゲームやビデオゲームに登場するキャラの割合が多かったので、ゲームに興味のない人は、面白さがかなり減っちゃうと思います。

Blu-ray3Dディスクで発売されたら、劇場鑑賞中に見逃した映画やゲームなんかのキャラクターを探しながらPSVRでもう一度楽しむつもりです。たくさん見逃しているでしょうから。

劇場公開初日1回目の放映を見てきました

観客の数は40人ぐらい。「ブレードランナー2049」や直近の「ヴァレリアン」よりも多かったです。

2049やヴァレリアンは、放映中にお手洗いで席を立つ人がけっこういました。私の知る限り、レディ・プレイヤー1は一人もいませんでしたよ。

おわり

レディ・プレイヤー1の「1」はパート1って意味じゃないですが、続編をいくらでも作れそうな映画でした。期待しています。

冒頭で、「毒にも薬にもならない」と言いましたが、楽しめたので「薬」にはなったかな。