モンベルの快適素材ウイックロン®のTシャツ(WIC.T)は夏の定番【インプレ】

モンベルのウイックロンTシャツ

ナイロン製ですが自然な風合いの高機能素材「ウイックロン®」を採用したモンベルのTシャツは、抜群の着心地と吸水拡散性の良さで、夏の街中やアウトドアにもってこいです。

随分前から着用しているので、良い点と悪い点が見えてきました。簡単にインプレしておきたいと思います。

ウイックロンTシャツの概要と簡単なインプレ

ウイックロンTシャツ

ウイックロンTシャツ

私は夏になると、モンベルのペアスキンコットンかウイックロンのTシャツを着て過ごします。他の会社のTシャツはほとんど着ないです。

なぜなら、

楽ちんな着心地とコスパが良いから。

ウイックロンのTシャツは蒸れにくいサラッとした着心地でホントに快適だし、ペアスキンコットンTシャツは夏に着ても快適な綿Tシャツだからです。

ウイックロンのような機能性素材を採用した製品を他のアウトドアメーカーに求めたら、きっとこの価格帯では買えないでしょう。

ウイックロンTシャツの概要

ウイックロンの性能

ウイックロンの性能

スクリーンショット:モンベルの商品情報 より

ザラっとした着心地はすぐ慣れる

ナイロン100%なんですが、生地の表面がテカテカとしていないので派手な感じがせず、落ち着いた感じで着ることができます。

軽くて、風通しもあって、蒸れにくいのがウイックロンの売りですね。

ただ、チクッとした肌ざわりなので、それが苦手の人はあまりおススメはできません。

気温37度越えのカンカン照りの日でも汗で濡れず!

2018年8月4日、午後1時ごろ、20分ほど外を歩いてきました。

気温は日陰でもムッと蒸し暑い37度越え。

汗が滝のように出ていて体は汗で濡れていますが、ウイックロンは汗が付いてもすぐに乾くのでサラサラです。

汗冷えしにくいですね。

安価な機能性素材や安価な綿の生地のTシャツだと乾燥が追い付かなくて、ビショビショになってしまうところです。

ひまわり
[ ぱくたそ(www.pakutaso.com)][ photo ウエストマウス ]

ただ、私が普段着ているモンベルさんのペアスキンコットンのTシャツと比べると、ウイックロンはなぜか暑い着心地に感じます。汗はペアスキンコットンの方がたくさんかいているんですけどね…。

おそらくですが、ウイックロンの体にまとわりつくような感じとチクッとする肌ざわりなのが原因だと思います。(それに、生地の特性もあるかもしれませんね)

ゆったりと着たい人はサイズを一つ上げる

私はインナーとして着用しないのでサイズを1つアップして買っています。というのは、サイズがピッタリだと動きにくくなるし、体に張り付いて暑く感じるからです。

ちなみに、身長174cm・体重68kgでLサイズを着用しています。

初期のウイックロンと比べて改良された!

5~7年前に購入した初期の頃のウイックロンTシャツは毛玉がすごかったです。下の写真の初期の頃のものは、すでに2回も毛玉取り器を使っています。

モンベルさんにメールで確認したところ、”2010年度に生地変更をおこなっております。糸のよりを強くし毛羽立ちにくいように

なったため、毛玉ができにくくなりました。”との回答をいただきました。

▼ 初期の頃のウイックロン

ウイックロンの表面

▼ 2017年購入のウイックロン

ウイックロンの表面

最新のウイックロン(2017年購入)は今のところ毛玉が出ていません。

ウイックロンTシャツの良い点とそうでない点

それでは最後にウイックロンTシャツの良い点とそうでない点を紹介してインプレを終わりたいと思います。

ウイックロンTシャツの良い点

  • 作りが丈夫です。綿のTシャツと比べて形状の変化がほとんどなし。
  • 綿製品と比べて洗濯後の匂いが残りにくい。
  • 綿製品と違って色落ちがしにくい。
  • 夏場なら、洗濯後に日陰干しで1時間もあれば十分乾きます。
  • アウトドア用品なのに安価。
  • 色が豊富。

作りが丈夫で形状の変化がほとんどなし

5~7年前に購入した初期の頃のウイックロンのTシャツは形状にほとんど変化がなく、首回りも全くヨレていません。

▼ 手前が5~7年前のウイックロン。下に敷いている方が2017年購入のウイックロン。

ウイックロンの新旧の比較

ただ、縫製は生地が薄いので、綿製品よりちょっとほつれやすいかも?

洗濯後の匂いが残りにくい

洗濯によってはちょっと匂うこともありますが、綿製品の比ではありませんね。

光触媒効果で匂いの元を分解するそうなので、しっかり機能しているのでしょう。

干せばすぐに乾く

通気性・生地が薄い・ナイロン製ということで、1時間もあればあっという間に乾きますよ。

ウイックロンTシャツを干す

アウトドア用品なのに安価

アウトドア用品店に行けばわかりますが、モンベルさんと同じような製品が他社さんでは倍ぐらいの値段になります。

色やデザインにこだわらなければ、Tシャツはモンベルのペアスキンコットンかウイックロンをおススメします。

ウイックロンTシャツのそうでもない点

  • 肌ざわりがチクチクする。
  • サイズに注意。シルエットがダサい?
  • 白系は透けに注意。

肌触りはチクッとチクチク

私は肌がどちらかというと弱い方なのですが、チクチクと感じるのは着始めの最初だけですぐに慣れます。

ですが、肌が敏感な人は、ウイックロンのチクチク感は「かゆい」と感じるかもしれません。

肌が敏感な人で症状に出てしまう人は、着用はやめておいた方が無難です。

ダサいシルエット?

Amazonのレビューなどをいくつか見てみると、横長のシルエットがおっさん臭いそうです。

私はおっさんなので気になりませんし、わかりません

アウトドア用品なので、確かにファッション性はないかもしれませんね。

白系は透けに注意

商品説明には「透けにくい」とありますが、白色のウイックロンTシャツは、乳首が透けて見えることもあるので、要注意です。

一度、フィットネスクラブに着て行ったのですが、鏡を見て「ヤバい」ということで、二度と外では着ていません。

ウイックロンのプリント
通気性を損なわない特殊なインクでプリントされたイラスト。

参考 mont-bell

総 評:快適に着れる1枚

アウトドア用品は作りがしっかりしているので、長く着ることができますし、性能がいいので、とにかく着心地が楽で心にも体にも良いです。(ほめすぎ)

ただ、シルエットがちょっと残念だそうなので、ファッション性は度外視しても夏を快適に過ごしたい人におススメしておきます。