PlayStation4Pro:内蔵HDDをSSDに取り換え!ロード時間を大幅に短縮!カバーが固かった…【やり方】

PlayStation4ProのHDDをSSDに換装

PlayStation4Pro の内蔵 HDD を SSD に換装(取り換え)しました。誰にでもできる作業で、ロード時間の多くをプレイ時間に変えることができます。

SSD の価格がずいぶんと下がってきましたので、SSD 換装をチャレンジしてみては?

今回は「交換に必要なもの」「換装の手順」「SSD に換装するメリット」の順に、簡単にまとめました。

注意

換装は自己責任でよろしくお願いします。

今回の方法は、換装前の HDD から ゲームのセーブデータのみ、バックアップを取って復元します。

取り換える SSD に、換装前の HDD のデータを丸ごと復元したい場合は、「あまげー!! 」さんのサイトがくわしいです。この場合、全てのデータが収まる大容量の外付けストレージが必要になります。

参考 快適です!PS4のHDDを「SSD」に交換する方法まとめ!バックアップと復元機能を使いますあまげー!!
MEMO

PS4の保証は大丈夫なの?

PlayStation4は、ユーザー自身が HDD の交換をおこなっても保証期間に変更はありません。

ただし、換装によるトラブル(動作の保証も)は、自己責任となります。

内蔵HDDをSSDに取り換え!ロード時間を大幅に短縮!

レッドデッドリデンプション2を快適にプレイするために、内臓 HDDを SSD に付け替えることに。

結果、効果は絶大! SSDと HDD のロード時間の比較は、別ページで詳しくインプレしたいと思います。

まずは「交換に必要なもの」から簡単に解説します。

HDDとSSDの取り換えに必要なもの

  • 交換用のSSDのサイズは2.5インチ
  • プラス ドライバ
  • 4~8GB 程度のUSB メモリー
  • インターネットに接続したパソコン
  • 所要時間は30分~1時間くらい
  • その他

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

交換用のSSDのサイズは2.5インチ

サイズ・インターフェース 2.5インチ・SATA 3 6Gb/s
種 類 3DTLC といった改良型のTLCが安価でおススメ
容 量 内蔵ストレージなので、500GB 以上がいい
その他 SLC といったキャッシュを採用したもの

SSD のサイズとインターフェースは、間違えないように。2.5インチ・厚さ9mm 以下で。

SSD の種類は、3DTLC が安価・高速・高寿命なので、おススメです。2018年10月20日現在、最も勢いのあるタイプです。

内蔵ストレージは、100GB 程度のシステムウエアをインストールするので、500GB 以上は欲しいことろ。

※ 商品選びに迷ったら、Amazon の レビュー を。PlayStation4Pro で換装した人がいるはずです。

MEMO

SSDは、換装(内蔵)・外付けのどちらがいいか?

PlayStation4Pro は、内蔵ストレージを SSD に交換するのが最も効果が高い。

その理由は、

接続インターフェイス 速度(最大)
外付け:USB3.1 500MB /s(秒)
内 蔵:SATA3 600MB /s(秒)

というように、接続インターフェースの速度に違いがあるからです。

速い順に、内蔵 SSD>外付け SSD>HDD(最初に内蔵していたもの)となります。

▼ おススメしたい500GB SSD。5年保証180万時間!

▼ 余裕があれば、1000GB SSD。

▼ 私が購入したシリコンパワーのSSD。購入理由は、速そうなデザインだったから…。

プラス ドライバ

ストレージ(HDDやSSDといった記憶装置)を脱着するために必要。

あると便利なのは、布(メガネ拭き など)と、力の入れやすい頭の大きなプラスドライバー。

ドライバー類は、百均で買うのが一番安いと思います。

4~8GB 程度のUSB ストレージ

以下のファイルを保存するのに必要。

  • システムの再インストール用アップデートファイル
  • セーブデータなどのバックアップ

USB ストレージのファイルシステム(フォーマット)は、FAT32 か exFAT で。

インターネットに接続した PS4Pro と パソコン

PS Network(以下、PSN) に加入していることと、パソコン(OS)の基本的なファイル操作ができること。

所要時間

作業自体は簡単です。1時間位で終わると思います。ただ、手際が悪いと2時間以上かかることも?

その他

PlayStation4Pro 本体を裏返して作業するので、本体を傷つけたくなければ、柔らかい布(座布団やTシャツとか…)を用意した方がいいです。

また、静電気が気になるのなら、(特に冬場は)静電気防止手袋を用意すればいいと思います。

以上です。それでは、換装作業に入ります。

HDD から SSDへ 、換装の手順

以下の手順で行います。

  1. バックアップファイルとアップデートファイルを保存
  2. PlayStation4Pro の HDD を SSD と換装
  3. システムデータを再インストールし、セーブデータを移行

まずは、必要なファイルのバックアップ作業から。

1:バックアップファイルとアップデートファイルを保存

  • STEP.1
    ゲームのセーブデータをバックアップ

    セーブデータのバックアップは、2つの方法があります。

    1. オンラインストレージにアップロード
    2. USB ストレージにデータをコピー

    1.は、PS Plus に加入している必要があります。自動アップロードを設定で有効にしていればいいのですが、そうでない場合は、手動でアップロードします。

    ▼ オンラインストレージにアップロードしたい方はこちら

    参考 PS4 のセーブデータ管理(バックアップ / 復元 / 削除)PlayStation®のサポートコミュニティー

    2.は、用意した USB ストレージに保存する方法です。今回はこちらの方法で行います。

    PS4Pro に、USB ストレージを差し込んだ状態(どこのポートでもOK)で、

    設定>アプリケーションセーブデータ管理>本体ストレージのセーブデータ>USB ストレージ機器にコピーする>OPTION ボタンを押す>複数のアプリケーションを選ぶ>すべてを選ぶ>コピー

    を選択すると、すべてのセーブデータが USB ストレージにコピーされます。

    1:設定を選択。

    PlayStation4の設定



    2:アプリケーションセーブデータ管理を選択。

    3:本体ストレージのセーブデータを選択。


    4:USB ストレージ機器にコピーするを選択。



    5:コントローラーの OPTION ボタンを押す。

    6:複数のアプリケーションを選ぶを選択。



    7:全てを選ぶを選択。


    8:コピーを選択。

    以上です。

    コピーすると、USB ストレージの中に、「PS4」フォルダ>「SAVE」フォルダの階層を自動的につくってくれます。

    ※ スクリーンショットや動画なども USB ストレージに保存したい場合は、ホーム画面のキャプチャーギャラリーからおこないます。

    注意!!PSN に一度もサインインしていないセーブデータは、移行できません!

  • STEP.2
    トロフィーの同期

    PSN と同期していないトロフィーは消去されてしまいます。念のために手動で同期しておきます。

    トロフィー>コントローラーのOPTIONボタン>PlayStation Network と同期する

    1:トロフィーを選択する。


    2:コントローラーの OPTION ボタンを選択し、PlayStation Network と同期するを選択する。

  • STEP.3
    アップデートファイルを用意する

    1:PlayStation.com から アップデートファイル(再インストール用)をパソコンにダウンロードする。

    参考 PlayStation4システムソフトウエア アップデートプレイステーション


    下にスクロール

    2:パソコン経由でのアップデートを選択。


    3:アップデートファイル(再インストール用)ダウンロードを選択。

    4:ダウンロードしたアップデートファイル(再インストール用)を USB ストレージにコピーします。

    階層は、USB ストレージ>PS4 フォルダ>UPDATE フォルダ>PS4UPDATE.PUP ファイル になります。

    4-1:
    「PS4」フォルダの中に「UPDATE」フォルダをつくる
    (「PS4」フォルダは、セーブデータを保存したときに、自動的に作成されています。作成されていなければ、手動で作ります)

    4-2:
    「UPDATE」フォルダに、ダウンロードした「PS4UPDATE.PUP」ファイルをドラッグコピーする

    フォルダやファイル名は、必ず半角大文字で。

  • おわり

    パソコンの簡単な操作さえできれば、問題無いと思います。

必要なファイルがそろったので、次は PS4Pro 本体のストレージを換装します。

2:PlayStation4Pro の HDD を SSD と換装

なるべく傷がつかないように、座布団の上で作業しました。

PS4Pro 本体を裏返して作業するので、ディスクが入っていれば、念のために取り出しておいてください。

MEMO

静電気が気になるなら、金属(のドアノブなど)に触るなどしてから始めた方がいいかも。

また、ネジの組付け取り外し方法など細かく書いておきましたが、ネジ穴さえ潰さなければ、気にすることはないと思います。

  • STEP.1
    HDDベイカバーを開ける

    1:PS4Pro の電源を切り、接続しているすべてのコードを外し、裏返して作業を行います。


    2:PS4を裏返し、HDDベイカバーを正面右側から指をかけて矢印の方向に取り出す。

    カバーが取れない!!!

    硬すぎますよ…。それに、突起が小さすぎて指がひっかけられない…。

    メガネ拭きをカバーに当てて、その上から小さなドライバーの頭をポッチに引っ掛けて、引き外しました。(大きめのスプーンなども使えそう)

    怪我をしないように、手前に引きます。この方法だと、上手にやらないとカバーに傷がつきます。

    なんとか、傷をつけずにベイカバーを外しました。私の PS4Pro は、手で開けるのは無理でした。

  • STEP.2
    HDDアタッチメントを引き出す

    1:プラスドライバーで、HDDアタッチメントと本体を留めるネジを外す。

    ネジが固すぎて回らない!!!

    力をしっかり入れられる頭の大きなドライバーで、少しだけネジを回してから、小さなドライバーで最後まで外しました。ネジの頭をなめてしまわないように!

    2:HDD アタッチメント(HDD ごと)を引き出す。


    HDD アタッチメントを引き出しました。裏返す(写真右)と、HDD がついているのがわかります。

  • STEP.3
    HDD をアタッチメントから取り外す

    1: HDD とアタッチメントを固定する4か所のネジを取り外します。

    外す順番は、左上、右下、右上、左下の順番(対角線上)で、最初にネジを緩めて、もう一度同じ手順でネジを最後まで回して外したらいいと思います。

    これも結構硬かったです…。頭の大きなドライバーで緩めました。


    HDD ドライブをベイカバーから外すときに、端子部分には触れないようにしましょう。


    ここまでで、取り外した部品。

  • STEP.4
    SSDをアタッチメントに取り付けます

    向きに注意して、アタッチメントにSSD をはめてから、先ほど取り外したネジで固定(4か所)します。

    SSD の向きは、HDD装着時の端子の位置で判断。ネジは、取り外した時と同じようにネジを少しずつ回しながら対角線上に取り付けていきます。

    ネジは、強く締めすぎないようにしてください。

  • STEP.5
    PS4Pro 本体にアタッチメントを装着

    1:入れる向きに注意して、奥までしっかり差し込みます。

    2:ネジを忘れずに締めます。

    3:HDDベイカバーをとりつけて、換装作業は完了です。

  • おわり

    個体差もあるかと思いますが、HDD ベイカバーとネジを外すのに時間がかかってしまいました。

    どちらも予想外に硬かったです。

次は、PS4Pro の 内蔵 SSD にUSBストレージのファイルを移動します。

あともう少し!

3:システムデータを再インストールし、復元する

PS4Pro を接続し直し、電源を入れれば、あとは指示に従ってシステムデータを再インストールするだけ。また、USB ストレージに保存したセーブファイルのコピーも、手動ですが簡単です。

見なくてもできると思いますが、一応、記録しておきます。

  • STEP.1
    PS4Pro の電源を入れる

    1:PS4Pro は、 TVやモニターにつなげ直し、電源コンセントを差し込みます。電源は、まだ OFF(完全に切った状態) です。接続した TV の入力(HDMI)は、 PS4Pro が表示できる状態にする。

    2:PS4Pro 本体の電源を入れる(またはコントローラーのPS ボタン)と、しばらくしてから、PS マークを表示。


    3:次に、DUALSHOCK4 をUSBケーブルで接続して、コントローラーの PS ボタンを押す。


    つづいて、STEP.2 の画像が出現します。

  • STEP.2
    アップデートファイルのインストール

    1:セーフモードが起動したら、アップデートファイルを保存した USB ストレージを PS4Pro のUSB ポートに差し込みます。(どのポートでもいいです)

    そして、コントローラーを使って、OK を選択。


    2:SSDには何も入ってないのではいを選びます。そうしたら、アップデートファイルのインストールが始まります。


    しばらくすると、PS マークの画像が出て、アップデートファイルのインストールが完了します。


    つづいて、STEP.3 の画像が出現します。

  • STEP.3
    コントローラーを接続してPSボタンを押す

    1:コントローラーは、USB 接続で PS4Pro につないだままなので、このまま、コントローラーの PS ボタンを押す。言語を選び、後は各種項目を設定したら、User1で接続完了します。




    2:言語を選ぶ(日本語)

    3:次へを選択。


    4:最後に、User1 でサインインします。(途中抜けいている個所があります。)

  • STEP.3
    PlayStation Network にサインインする

    今接続しているユーザー「User1」から、あなたの持っているアカウントでログインし直します。

    1:プロフィールを選択します。


    2:PlayStation Networkにサインインするを選択。USBストレージにセーブデータを保存したときの PSN アカウントでログインします。

  • STEP.4
    USBストレージに保存したゲームのセーブデータをPS4Pro へコピーする

    PS4Pro のUSB ポートに挿したままの USB ストレージの中に入っているセーブデータを移します。

    設定>アプリケーションセーブデータ管理>USB ストレージ機器のセーブデータ>本体ストレージにコピーする>コントローラーの OPTION ボタンを押し、複数のアプリケーションを選ぶ>すべて選ぶ>コピー

    を選択します。

    1:まずは、設定を選びます。

    PlayStation4の設定
    他の画像から。



    2:アプリケーションセーブデータ管理
    を選択。

    3:USBストレージ機器のセーブデータを選択。



    4:本体ストレージにコピーする
    を選択。

    5:コントローラーの OPTION ボタンを押す>すべて選ぶ>コピーを選択して、コピーを開始します。

    これで、USB ストレージのセーブデータが、PS4Pro の内部ストレージにコピーされました。

  • おわり

    USBストレージを PS4Pro から引き抜いて終わりです。お疲れさまでした~。

    ダウンロード版のゲームデータは、ライブラリから再インストール、ディスク版のゲームデータは、ディスクから再度インストールし直してください。

    これですべて完了しました。お疲れさまでした~。

しかし、換装がうまくいかなかったら…。

SSD に取り換えたが、うまくいかない?

換装後のPS マークが画面に出ない。

  • SSDをPS4Pro に、しっかり差し込んだか?
  • SSD はちゃんと PS4Pro で認識したものを使っているか?
  • PS4Pro の配線を間違っていないか?
  • TV と PS4Pro の入力先(HDMI)はあっているか?

USB ストレージのデータを読み込まない。

  • USB ポートを変えてみる。
  • フォルダ名が間違っていないか?
    半角大文字で。
  • USB ストレージ のファイルフォーマットは対応したものか?
  • PS4UPDATE.PUP ファイルのダウンロード先を間違っていないか?
    通常アップデートと再インストール用のアップデートファイルは同じ名前。

その他

  • PS4Pro の電源はちゃんと入っているか?
  • SSD は壊れていないか?

SSD に換装するメリット

PlayStation4は、システムやゲームのデータを保存する HDD と、実際にそのデータを活用するメモリの間で、データのやり取りを常にしています。

ですから、HDD をデータの転送速度( データをメモリへ)が速い SDD に取り換えると、

  1. ロード時間が速くなる
  2. ゲームプレイ時の遅延が軽減

といったメリットを生み出します。

1.ロード時間が速くなる

「マップやシーンの切り替え」「セーブデータの読み込み」「GameOver 時の再スタート」「ゲームの起動」などのロード時間が短縮されます。

2.ゲームプレイ時の遅延が軽減

PlayStation4は、ゲーム中でもデータの転送を常に行っています。たとえば、大量のデータを処理する4K 出力時に処理落ちの改善が図れます。

MEMO

静音性がよくなる?

主観になりますが、処理の重い場面では、ファンがゴオオオと大きな音をたてて回りますが、取り換え前よりも静かになっています。

SSDの静音性の良さや省電力(発熱が少ない)といった理由が考えられますが、他に何かあるかもしれません。

デメリットはあるのか?

SSD の価格が一番のネック(障害)かと…。

気になるのは、HDD と比べた場合の耐久性です。

しかし、SSD の耐久性は、ずいぶんと改善され、HDD よりも耐久性は高いという話も聞くようになってきました。

ただ、「壊れるときは壊れる」のはどの製品でも同じで、「運」もあります。保証期間内に壊れたら、めんどくさがらずに、修理(交換)に出しましょう。

おわり:ネックは SSD の価格

HDD と SSD を換装するのに、ネックとなるのは、やはり価格…。

SSD は安くなってきたとはいえ、500GB の SSD で、新作ゲーム1本半買えるぐらいの価格になってしまいます。 (2018/10/25 現在)

ま、でもやってよかった。

おかげさまで、ゲームのロード時間(=待ち時間)の多くをプレイ時間に変えることができましたから。

交換後の HDD はどうする?

交換した HDD は大切に保管しておいた方がいいかな?

もし、PlayStation4の後継機が発売されたのなら、PlayStation4の HDD を元に戻して、取り外した SSD を後継機に使えばいいですし。おそらく、SSD はまだまだ高価なので、次世代機でも採用されないのではないでしょうか。

ただ、次世代機は「クラウド(ゲームをネット上に置く)になるのではないか?」という噂がでているので、今後のとことはわかりませんが…。

以上です。

しばらくしたら、 HDD と SSD のロード時間の比較をしたいと思います。

ありがとうございました~。