PSVR・Airtone:体を動かすのが楽しい純国産リズムゲーム!【PSVR/PS4/レビュー】

Airtone

純国産リズムゲーム『Airtone』が PlayStationVR にやってきました!

うたい文句通り、ゲームセンターで遊んでいるかの様なプレイ感覚〜。

上手くなりたいという欲求と、流れる音楽とリズムアクションがぴったりあった時の爽快感とで、病みつきになりそうです。

PSVR・AIR TONE:遊び方とストーリー

これまでのリズムゲームと違って、タイミングにあまり重点を置いていないようです。

ですから、誰にでも遊びやすいゲームだと思いますよ。

AIR TONE の遊び方

ゲーム内のチュートリアル・公式の遊び方動画を見るのが一番手っ取り早いです。

画面奥からラインに沿って流れてくるマーカーに合わせて、PSMOVE または DS4 コントローラーでタイミングよくアクションを繰り出します。

マーカー PSMOVE DUALSHOCK4
スマッシュマーカー スマッシュマーカー 腕を振る ○ボタン
トリガーマーカー トリガーマーカー トリガーを引く R1/L1/R2/L2
長押しマーカー 長押しマーカー トリガーを引いたまま、ラインになぞりながら終わりまで引き続ける R1/L1/R2/L2 のどれかを終わりまで引きっぱなしにする
トンネルパート トンネルパート ゲージが100になるまでPSMOVEをラインになぞりながらトリガーを引き続ける。
PSMOVE がラインから外れても、再度ラインに合わすことができる。
ゲージが100になるまでR1/L1/R2/L2 のどれかを引き続ける。
トリガーを放しても、再度引くことができる。

チュートリアルも用意されてますし、基本的に3つの操作なので、すぐに覚えると思います。

楽しみたいのなら、
PSMOVE モーションコントローラは必須!

DS4コントローラーでも遊べますが、PSMOVE で遊ぶのが一番ですね。

その理由は、視界だけでなく、手の動作も VR 空間に入っていくので、より深い没入感が得られます。

また、PSMOVE を使うと、手だけでなく、体もちょっと動くので、スポーツをした時や後の達成感みたいなものも味わえます。

PSMOVE(2本) は絶対的にオススメです!

ストーリーがあるので、 すぐには飽きさせません!

とある星のとある部屋。

あなたに話しかけた女の子の名前は『ネオン』。

「音楽が力の源」であるこの星の管理を任されたアンドロイドだそうです。

PSVRのAirtone
あなたは、部屋に置いてあるロボットに乗り移ったという設定。

ここで出会ったのは何かの縁。あなたとネオンは、音楽を宿した「Rythm」を集めながら、この星の管理を一緒におこなうことになります。

目的があるあから、すぐには飽きなさそうですね。

「Rythm」を集めていく=リズムゲーム

「Rythm」を集めて〜とか、詩的な感じですね。簡単にいうと、ゲームをたくさんプレイして、ストーリーを進めよう! というわけです。

では、早速プレイしてみました。

まずは、部屋のリズム(♪)マークから楽曲を選ぶシーンに移動します。

PSVRのAirtone
ワープ移動で部屋の中を移動できます。

全30曲。難易度は、BASIC・MEDIUM・HARD の3種類。BASIC は、マーカーの数が少なくてパッとしないので、今回は、MEDIUM をプレイしてみます。

PSVRのAirtone
この楽曲のこれまでの最高ランク(MEDIUM時)は S 。

PSMOVE のキャリブレーションの後、ゲームが始まりました。

PSVRのAirtone
「Rythm」をたくさん集めていくと、ネオンやこの惑星の謎が次第にわかってきます。

体を動かすので、結構汗をかきますよ。

結果。3回ミス(BAD)ってCLEAR。それでも RANK は SS 。多少のミスでも大目に見てくれる感じ。

PSVRのAirtone
最初にプレイした時は、クリアできませんでした…。

ゲームをクリアし、スコアを上げていくと、部屋の中の家具(ギミック)が増える・楽曲が増える・ストーリーが進みます。

PSVRのAirtoneゲームを進めると、「コロ助」みたいな棒が出現。空中に絵が描けるペンでした。

というわけで、まとめに入りたいと思います。

PSVR・AIR TONE:レビューとまとめ

あまりなじみのない販売元(AMG ゲームズ)なので、期待はしていませんでしたが、いざプレイしてみると、完成度の高さに驚きました。

価格が安いわりに、ここまで完成度が高いと、今後発売されるであろう PSVR のリズムゲームに、大きなプレッシャーを与えたのではないでしょうか?

AIR TONE のよいところ

  • 爽快感のある音楽
  • 判定甘めで手軽に遊べる
  • ストーリーがある
  • 価格が安い

爽快感のある音楽

ゲームの世界観を印象付けるテクノポップな演奏・軽快なリズム・若々しい歌声(演奏のみの曲もあり)がいいですね。

PSVR 版の発売と同時にサウンドトラックも iTunes・Spotify・Amazon music(https://amzn.to/2KNVDF6) で配信されましたので、よかったらどうぞ。

判定甘めで手軽に遊べる

ボタンを押すタイミングに命をかけるようなリズムゲームと違って判定が甘めなので、間違った時のイライラが少ないですね。精神衛生的にいい感じ。

それから、判定が甘めということは、リズムゲームとしては比較的に簡単だということでもあるので、急なお客様にも十分楽しんでいただけるかと。

ストーリーがある

まだプレイ途中なので、ストーリーはそんなに進んでいませんが、あまり出しゃばっていないストーリー展開なので、スッキリしていていいですね。

PSVRのAirtone

価格が安い

楽曲・ゲームシステム・グラフィック、どれをとってもこの価格ではありえないぐらいの完成度です。

今後発売されるリズムゲームのハードルが思いっきり上がったのではないでしょうか?

というか、セガさん、初音ミクはどうなってるんですかね? 期待してますよ!

AIR TONE のそうでないところ

  • 曲調が似通っていて、どこかで聞いた様な曲も…
  • 難易度が急に高くなる
  • PSMOVE のトリガー操作はゲームに合わない

曲調が似通っていて、どこかで聞いた様な曲も…

ゲームの世界観を崩さないために、同じ様な曲調になるのは仕方がないのですが、もうちょっとバリエーションが豊富ならば…。

特に、テクノポップ調の音楽に慣れていない人は、さらにそう思うのではないでしょうか。

難易度が急に高くなる

MEDIUM(LV5あたり)から、急に難しくなりますので、ここでプレイスタイルを再考する人が結構出てくるのではないでしょうか。

PSVRのAirtone
慣れないうちは、この数のマーカーでも四苦八苦…。

MEDIUM であっても LV が低い段階は、頑張ったらなんとかなるレベル。一緒に頑張りましょう!

運動不足の人は、いきなり LV の高いステージで急に腕を振り回さないこと! 私のように腕の筋を痛めて、3日ほど腕が上がらなくなってしまうかもよ?

PSMOVE のトリガー操作はゲームに合わない

トリガーを引くのは、トリガーマーカーが流れてきた時の操作なのですが、この方法は、VR 空間の中では、指が疲れるだけであまり爽快感がないですね…。

参考 AIR TONE公式サイト

まとめ:間違いなく、オススメの一本!

VR のリズムゲームは、リズムや音楽を耳だけでなく、体で感じることができる最高のエンターテインメントではないでしょうか?

PSVRのAirtone
全てのスクリーンショット:© AMG GAMES 開発・株式会社ヒストリア

AIR TONE を遊んでみて、リズムゲームは、VR ゲームの一翼を担っていくと確信しましたよ。

それから、PSMOVE は、VR に必須(かかせない)! ということを再認識したゲームでした。視界だけだと VR ならではの没入感を十分には得られませんね。

間違いなくオススメの一本! 長いおつきあいになりそうです。