絶体絶命都市4Plus:ぶっちゃけ、〇〇だったので、感想のみ!【PS4/感想】

絶体絶命都市4Plus

絶体絶命都市のファンゆえに発売当日に手に入れました。そして、ほぼ3日でゲームクリア。

正直に言って、私的には残念な出来….。

というわけで、プレイ後の感想と絶体絶命都市4Plusの今後(?)をちょこっと書いて終わりにしたいと思います。

絶体絶命都市4Plus:ぶっちゃけ、〇〇だったので、感想のみ!

フレームレートが低いとか、グラフィックがPS3.5だとか、ゲームのテンポが悪いとか…。そんな些細なことは、絶体絶命都市ファンの私にはどうでもいいお話です。

しかし…そんな私でさえ、流石に擁護できないほどのクオリティーの低さ…。

感想:ぶっちゃけ、面白くなかった…

ゲームとしてカタチになってない…

プレイヤーがダメージを受けると減っていく「ライフゲージ」があって、これが無くなるとゲームオーバーとなります。

しかし、「ライフゲージ」が影響するようなシーンがほとんどありませんでした。

絶体絶命都市4Plus
画面左上にライフゲージ。

他にも、ストレス・空腹・排泄・のどの渇きといったパラメーターもありましたが、ゲームプレイにそれほど影響せず。

こういったアクションゲームに必須のパラメーターが機能しておらず、シナリオを追うだけのアドベンチャーゲームになっています。

しかし、

そのシナリオがちょっと…。

シナリオらしきものが途中で終わっているものがあり、登場人物の行く末が分からないまま。

また、主人公の目的がはっきりせず、プレイヤーはただただ探索するだけ。知らないうちにゲームが終わっていましたよ。

とにかく、未完成…。

そして、わたしが最もチョウザメじゃなかった、興(きょう)ざめしたのは、2つ目のバイクを手に入れるシーン。

1つ目は、アドベンチャーゲームらしく、ちょっとだけ苦労をして手に入れました。簡単すぎてモヤモヤとした感情がわきましたが、まあいいでしょう。

そして問題の2つ目は、ミニゲームの始まりって感じで、道の真ん中にぽつんと不自然な感じで置いてるんですよ。


え、なにこれ…。

すなわち、アクションもアドベンチャーの肝であるシナリオも中途半端で未完成。

「この出来でよく発売したな~、しかもフルプライスで…」

というのが私の率直な感想です。

朗報?:絶体絶命都市4Plus の今後

いつになるかわかりませんが、DLC か バージョンアップ で、中途半端に終わっている登場人物たち(誰になるかわかっていない)の今後を追加するかもしれません。

また、その他に改良があるかも。

MEMO

追記!

2019年2月23日のVer.1.12のアップデート情報によると、次回の更新では、エピソード「後日談」の追加があるようです。

総評:今後の改良に期待

私の購入するゲームにハズレはない!

と自負していましたが、そんな自己満足は『絶体絶命都市4Plus』によって、あっさりと崩れ去ってしまいました…。

プレイしてみたい人は、今後行われるあろうソフトの改良具合を調べてから、検討してもらえればいいかと。

そして、価格がぐっと下がったパッケージ版をおススメしておきます。

それから、開発元の Granzella さんに一言。他にないタイプのゲームなので、絶体絶命都市5を期待しています!

絶体絶命都市4Plus
建物の倒壊シーンはさすが!

ちなみに、PSVR 対応ですが、自由度が全くなく、オマケ程度の者なので期待しないように…。

おわりに

物語終盤、かなりつらい出来事がいくつか発生します。

もし、製作者さんが「災害の前に人間は無力」「人間が一番怖い」という意味をそこに込められているのなら、ゲームの出来からして、作品やテーマに真剣に向き合って作ったのかな? という疑問しか残りませんでした。(キツイ言い方でゴメンナサイ)

というわけで、辛口な感想になってしまいました。