JETech Bluetoothキーボード:使い方の詳細とインプレ【インプレ/やり方】

JETechBluetoothキーボード

ペアリング(接続)の方法と日本語/英語の切り替え方法、そして、使い勝手をメインにインプレしたいと思います。

iPadやクラムシェルモード時のノート型Macに使おうかとBluetooth接続のワイヤレスキーボードを購入してみました。問題なく使えていますよ。

JETech BluetoothワイヤレスキーボードK2155(ブラック)/K2156(ホワイト)

Bluetooth接続により、iOS/Android/Mac/WIndowsの各端末に対応しています。

私の環境では、上記の端末に加え、PlayStation4にも接続することが出来ました。

それと、注意してほしい事が一つ。

このキーボードは英語キーボード(US-English配列)です。キーボードに印字してある表記通りに文字や記号を入力するには、英語キーボードに設定を変更する必要がある端末があります。

各部の説明

Bluetooth接続なので、接続先の機器にBluetoothが内蔵されていないと利用できません
電池は、単4形乾電池を2本必要とします。かなりもちますよ。

JETechのBluetoothワイヤレスキーボード
横幅 28.5cm × 縦幅 12cm 

私が所有しているフルサイズのUSB有線キーボードとキーの大きさはほぼ同じ感じです。

JETechのBluetoothワイヤレスキーボード
US-Englishの配列・標記になっています。

使い勝手は価格以上!

この価格帯のキーボードにしては、入力時のキーの音が小さいのはいいですね。私が普段使っているメンブレン式のキーボードは、カチャカチャとうるさいので、そこのところは気に入っています。

キーの構造はパンタグラフ式でキーストロークは浅く、しっかりとした打ち心地感があります。

しかし、パンタグラフ式のこれよりちょっと良いテンキーのないキーボードを持っていましたが、それと比べると、ちょっと力がいるようで軽い打ち心地感はあまりなく、全体的にちょっと落ちるかなと思います。

まあしかし、コンパクトさ、打音の小ささ、Bluetooth接続のキーボードでこの価格は、かなりお得だと思いますよ。

管理人の場合…

私にはJETechキーボードのキータッチがあっていないのか、キーの重さにつられてついつい力が入ってしまって、長時間のタイプは指が疲れてしまいます。

参考 キーボードの構造納得パソコン購入術!パソ兄さん

enterキーに注意!

キーボードを選ぶ際に気をつけて欲しいのが、

enterキーの大きさと位置

横長のenterキー 縦長のenterキー

JETechキーボードは、横長のenterキーです。とくに、縦長のenterキーに慣れていると、押し間違いを起こしやすいです。

私は、間違ってenterキーの真上の「\」キーをよく押してしまいます。

Bluetoothの省電力が早すぎる

しばらくキーを入力しないと、省電力が働いて端末との接続が切れます。再接続は何かキーを押せばよいのですが、ラグが発生するので使いづらいです。

省電力が働くのはいいのですが、早すぎます。

価格が安いのは良いのですが、このキーボードの最大の弱点だと思います。

各端末ごとの接続(ペアリング)方法

基本的に同じですが、簡単に解説しておきます。

MEMO

CONNECTボタンは少し長押しすれば、普通の点滅よりも素早く点滅します。素早い点滅を確認したら、すぐに指を離します。

Windows10に接続

  1. Windows側:設定>Windowsの設定:デバイス>Bleutoothとその他のデバイス:Bleutoothをオン>[+]Bleutoothまたはそのほかのデバイスを追加する>デバイスを追加する:Bluetooth
  2. キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。
  3. Windows側:デバイスを追加:JETech2155(6)を見つけるので、これをクリック。
  4. キーボード側:Windows側に表示しているペアリング番号を入力してenterキー
  5. 接続完了

▼ 私のWindows10は、上記の一般的な方法ではない繋ぎ方になってしまいました…。記事にしておきました。※ Windows8辺りからの仕様のようです。

ペアキーを自分で設定するBluetoothキーボードのペアリングの手順【Windows10/やり方】

▼ JETechのキーボードはUS-English配列なので、英語キーボードにしてやります。

ハードウェア キーボードレイアウトの変更Windows10で英語配列のキーボードを使うには、設定を変更します【Windows10/やり方】

macOS High Sierra 10.13.1に接続

  1. Mac側:システム環境設定>[Bluetooth]>[Bluetoothをオンにする]
  2. キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。
  3. Mac側:デバイスにJETech2155(6)を表示:[接続]をクリック
  4. キーボード側:Mac側に表示しているペアリング番号を入力してenterキー
  5. 接続完了

以降、キーボード使用時は電源オンで自動的に接続してくれます。

iOS11.1.1に接続(iPadProで検証)

  1. iOS側:設定アイコン>設定:[Bluetooth]>[Bluetooth]オン(bluetooth機器を探している状態になります。)
  2. キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。
  3. iOS側:その他のデバイスとして、JETech2155(6)を表示。これをタップ。
  4. キーボード側:iPadPro側に表示しているペアリング番号を入力してenterキー
  5. 接続完了

以降、キーボード使用時は電源オンで自動的に接続してくれます。

キーボードの設定は、

iOS側:設定アイコン>設定:[一般]>[キーボード]

管理人の話…

iPadって画面が大きいので、仮想キーボードでも入力ミスが少なくて、結構素早くタイピングできます。
でも、ブラインドタッチが難しいので、やはりというか、物理キーボードのほうが断然早いですね。

Android7.1.1に接続(XperiaXZsで検証)

  1. Android側:設定:[Bluetooth]をタップしてBluetoothオンBluetooth:[詳細設定]をタップ。
  2. キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。
  3. Android側:使用可能な機器として、JETech2155(6)を表示。これをタップ。
  4. キーボード側:Android側に表示しているペアリング番号を入力してenterキー
  5. 接続完了

以降、再接続は、[Bluetooth]をタップしてJETech2155(6)を選択する。

PS4/Proに接続する

▼ 接続方法と英語キーボードへの変更方法を記事にしておきました。

PS4にBluetooth(JETechで検証)とUSBキーボードをつなげる【PS4/Pro/やり方】
  1. PS4側:設定>周辺機器>Bluetooth®機器
  2. キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。
  3. PS4側:しばらく待つと、画面にキーボードのマークが表示されるので、それを選択する。
  4. キーボード側:画面の指示に従ってペアリング番号を入力してenterキー
  5. 接続完了

JETechのキーボードはUS-English配列なので、押した通りの文字を打ちたいのなら、英語キーボードにしてやります。

  • 設定>周辺機器>外付けキーボード>タイプ>英語(アメリカ)

管理人の話…

モンスターハンターワールドでキーボードチャットをするために、PS4にJETechのキーボードを接続しました。

しかし、全く使い物になりませんでした。

なぜなら、JETechの省電力設定が邪魔をして、プレイ中に頻繁に接続が切れたからです。

会話のテンポや間がズレてしまって、かなりのストレスでした。

キーボードを認識しない・繋がらない、そんな時は?

どうしても繋がらない、または一度設定したのに繋がらなくなってしまった場合は、設定ファイルを捨てて、一からベアリングするのが最も手っ取り早い方法です。

キーボードの電源オフ>コンピュータ側のブルーツースをオフ>コンピュータ側の設定を消去(あれば)>再度ペアリングをする。

で、大概はうまくいくと思います。

CONNECTボタンは少し長押しすれば、普通の点滅よりも素早く点滅します。素早い点滅を確認したら、すぐに指を離します。

それでもうまく繋がらない場合は、周りに他のbluetoothを内蔵した機器がありませんか?それが邪魔してるかもしれません。

入力方法など

機種や設定によって違ってくると思いますが、基本的なものを書き出しておきます。

日本語/英語の切り替え方法一覧

システム 英語/日本語切り替え その他
Windows10 alt+`(Esc直下) 機種や設定による。
macOS10.13.1 control+space 機種や設定による。
iOS11.1.1 control+space/capslock 機種や設定による。
Android7.1.1 fn(キーボード左下)+`(Esc直下) 機種や設定による。
PS4/Pro alt+`(Esc直下) — 

Escキーが取り消しの働きをしない場合

  • fn(キーボード左下)+Escで取り消し。

総 評:安い製品なので、あまり期待しないように…【訂正・追記:2018/6/10】

Bluetooth接続のキーボードなのに安価。

それに、パンタグラフ式のキー構造で打音が小さいのも良いですね。

ただ、やっぱり価格なりの商品で、安っぽいキーの打感と安っぽいつくりなのを感じます。

また、私が購入したものだけかもしれませんが、薄いつくりなのは良いのですがかなり”やわ”です。また、組付けが悪いのかギシギシいいます…。

では最後に、

テンキーのないコンパクトなキーボードは、キーボードからマウス(右利き)に手を移す距離が短くなるので、腕の疲れが軽減するそうです。(コンパクトなキーボードで記事を執筆中)

お手頃価格の製品なので、腕の疲れが気になる人は、テンキーのないキーボードを一度試してみるのもありかもしれませんよ。

管理人の場合…

私がこのJETechキーボードを使うなら、コンパクトさ・Bluetooth接続という利点から、iPad用に持ち運びのために利用します。

iPadはBluetoothでしか基本的に接続できませんし。

私にとってテンキーなしのキーボードをデスクトップPCで使うには、気持ち的に狭苦しく感じてしまうことと、数値入力を頻繁に行うので不便ですね。

MEMO

お詫びと訂正

この記事を読んでくださった方から、内容の不備のご指摘をいただきました。

ご指摘を頂いた方に感謝致しますとともに、記事を読んでくれている皆様にも深く、お詫び申し上げます。

記事を確認すると、こちらの勉強不足と話があちこちに飛んでしまって誤解を与えてしまう内容が一部ありましたので、記事の内容を一部訂正しました。

情報を配信するものとして、皆さんにご迷惑をかけないよう、今後はさらに細心の注意を払って記事の執筆をしていきたいと思います。

今回は、JETechキーボードの記事について誤解を生じ、本当に申し訳ありませんでした。

なんしか通信 管理人じょん


【訂正・追記前】該当訂正箇所は訂正があったことを示すために、取り消し線(ー)でしばらくのあいだ残しておきます。

持ち運びができるキーボードだと考えた方が良いですね。普段使いには向いていないと思います。

その理由は、長時間の使用はキーが重くて疲れるということと、コンパクトなために狭苦しく感じてしまうということ。

そして、Bluetoothの省電力モードが数分で働いて端末との接続が切れるので、非常に扱いづらいです。ハードウエアの問題なのでPC側で設定の変更はできないと思います。

やはり、テンキーの付いたフルサイズのものは、気分も手も楽に文字を打てると思います。

PC用にキーボードが常設なら、USB接続の安物(1000円ぐらい)でもフルサイズのものをお勧めします。

ちょっと高いけど、ロジクールのK370sは1台のキーボードで3台のデバイスをボタン一つで切り替えながら使える優れものです。おススメしておきます。


管理人の話…

Bluetoothのペアリングの方法を検証するために、JETechキーボードの裏面のON/OFFスイッチを頻繁に使っていたら、ONにしても電源が入らないということが半々の確率で起こるように…。

▼ 商品説明ではJETechキーボードとなっています。

以上で、”JETech Bluetoothキーボードのペアリングと使い方の詳細。そしてインプレ”を終わります。