JETech Bluetoothキーボードのペアリングと使い方の詳細。そしてインプレ【インプレ/ハウツー】

ペアリング(接続)の方法と日本語/英語の切り替え方法、そして、使い勝手をメインにインプレしたいと思います。
記事の内容は、このJETechのキーボード以外にも使えるものもあるかと思います。

iPadやクラムシェルモード時のMacに使おうかとBluetooth接続のワイヤレスキーボードを購入してみました。問題なく使えています。

まとまりがなく、ものすごく長くなってしまったので、目次で飛んでください…。

スポンサーリンク

JETech Bluetoothワイヤレスキーボード
K2155(ブラック)/K2156(ホワイト)

簡単な説明です。

Bluetooth接続により、ショートカットキーで、iOS/Android/Mac and Windowsのデバイスに対応できます。
サイズが小さいけど、普通キーボードが必要のすべての機能が持ちます。伝統的なキーボードの鈍重感がなし、極薄の設計で、お持ちの鞄に簡単に収納できます。
快適に使用可能。静かに輸入、人間工学に基づいた設計で手首にかかる負担を減らしました。
超省電、超長いの連続使用時間。省電力モードで一回の電池入れ替えで3ヶ月ほど長い時間に連続使用できます(単4型電池を別途お求め下さい)。
セット内容:JETech Bluetoothキーボード、取扱説明書、JETech社保証。

Amazon:JETech Bluetooth ワイヤレスキーボード ブラック(iOS/Android/Mac/Windowsに対応) K2155 より

文面通り、私の環境では全ての機種で使えましたよ。接続方法、キー配列やひらがな/英文字の切り替えについては、後ほど解説します。

今回はPS4にも接続できるか試してみましたよ。

各部の説明

Bluetooth接続なので、接続先の機器にBluetoothが内蔵されていないと利用できません
電池は、単4形乾電池を2本必要とします。かなりもちますよ。

JETech Bluetooth ワイヤレスキーボード
横幅 28.5cm × 縦幅 12cm 

私が所有しているフルサイズのUSB有線キーボードとキーの大きさはほぼ同じ感じです。本体の枠が小さいのと、テンキーなどが無い分、縦横の幅が狭いです。

JETech Bluetooth ワイヤレスキーボード

キーの配列ですが、US-Englishの配列・標記になっています。

使い勝手は価格以上!

キータッチは浅くて重い感じですね。遊びがなく、バネの力が強いイメージ。

私は慣れていないので、誤入力が多いです…。

enterキーがポイント!

キーボードを選ぶ際に気をつけて欲しいのが、

enterキーの大きさ

横長のenterキー 縦長のenterキー

このキーボード、enterキーが一般的な縦長ではない形なので、慣れるまで頻繁に入力ミスをやらかすかと思います。

私は今だに、慣れません。


各機種ごとの接続(ペアリング)方法

基本的に同じですが、簡単に解説しておきます。
注意:同じシステムでも、異なる接続方法になる場合があるようです。

コツはCONNECTボタンは少し長押しして、素早く点滅させること。(普通の点滅よりも早い点滅です。)

Windows10に接続:ちょっと厄介かも。

普通の方法は、こちらを参考にしてください。

サイト:Microsoft/サポート/Bluetooth デバイスに接続する より

 

私のWindows10(Bluetooth USB アダプターを使用)は、一般的な方法ではない繋ぎ方になってしまいました…。記事にしておきました。

リンク:ペアキーを自分で設定するBluetoothキーボードのペアリングの手順

 


JETechのキーボードはUS-English配列なので、押した通りの文字を打ちたいのなら、英語キーボードにしてやります。
記事にしてまとめておきました。

リンク:Windows10で英語配列のキーボードを使うには、設定を変更します【Windows10/ハウツー】

 

macOS High Sierra 10.13.1に接続

1/Mac側:システム環境設定>[Bluetooth]>[Bluetoothをオンにする]

2/キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。

3/Mac側:デバイスにJETech2155(6)を表示:[接続]をクリック

4/キーボード側:Mac側に表示しているペアリング番号を入力してenterキー

5:接続完了

以降、キーボード使用時は電源オンで自動的に接続してくれます。

iOS11.1.1に接続(iPadProで検証)

1/iOS側:設定アイコン>設定:[Bluetooth]>[Bluetooth]オン
(bluetooth機器を探している状態になります。)

2/キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。

3/iOS側:その他のデバイスとして、JETech2155(6)を表示。これをタップ。

4:キーボード側:iPadPro側に表示しているペアリング番号を入力してenterキー
3:接続完了

以降、キーボード使用時は電源オンで自動的に接続してくれます。


デバイスが登録されていなくても、CONNECTボタンを押さずにペアリング番号を表示する場合があります。


キーボードの設定は、
iOS側:設定アイコン>設定:[一般]>[キーボード]

私のキーボードの設定は、[ハードウェアキーボード]の項目を『日本語-ローマ字』『英語(日本語)』に設定し、[CapsLockで英文字モードと切り替え]オンにしています。


iPadって画面が大きいので、仮想キーボードでも入力ミスが少なくて、結構素早くタイピングできます。
今回、インプレの為に久しぶりに接続してみましたが、断然速いですね(笑

Android7.1.1に接続(XperiaXZsで検証)

1/Android側:設定:[Bluetooth]をタップしてBluetoothオンBluetooth:[詳細設定]をタップ

2/キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。

3/Android側:使用可能な機器として、JETech2155(6)を表示。これをタップ。

4:キーボード側:Android側に表示しているペアリング番号を入力してenterキー
3:接続完了

以降、再接続は、[Bluetooth]をタップしてJETech2155(6)を選択する。

PS4/Proに接続する

リンク:PS4にBluetooth(JETechで検証) / USBキーボードをつなげる【PS4/Pro/ハウツー】

 

1/PS4側:設定>周辺機器>Bluetooth®機器

2/キーボード側:電源ON>CONNECTボタン(インジケータが素早く点滅)を押す。

3/PS4側:しばらく待つと、画面にキーボードのマークが表示されるので、それを選択する。

4/キーボード側:画面の指示に従ってペアリング番号を入力してenterキー

5:接続完了


JETechのキーボードはUS-English配列なので、押した通りの文字を打ちたいのなら、英語キーボードにしてやります。

設定>周辺機器>外付けキーボード>タイプ>英語(アメリカ)


PS4に無線キーボードJETechキーボードは不向きです。何も入力しない状態が続くと省電力が働いて接続が切れます。

日本語/英語の切り替え方法一覧

機種や設定によって違ってくると思いますが、基本的なものを書き出しておきます。

システム 英語/日本語切り替え その他
Windows10 alt+`(Esc直下) 機種や設定による。
macOS10.13.1 control+space 機種や設定による。
iOS11.1.1 control+space/capslock 機種や設定による。
Android7.1.1 fn(キーボード左下)+`(Esc直下) 機種や設定による。
PS4/Pro alt+`(Esc直下) — 

 

Escキーが取り消しの働きをしない場合

fn(キーボード左下)+Escで取り消し。

キーボードを認識しない・繋がらない、そんな時は?

どうしても繋がらない、または一度設定したのに繋がらなくなってしまった場合は、設定ファイルを捨てて、一からベアリングするのが最も手っ取り早い方法です。

キーボードの電源オフ>コンピュータ側のブルーツースをオフ>コンピュータ側の設定を消去(あれば)>再度ペアリングをする。

で、大概はうまくいくと思います。

コツはCONNECTボタンは少し長押しして、一度素早く点滅させること。(普通の点滅よりも早い点滅です。)

それでもうまく繋がらない場合は、周りに他のbluetoothを内臓した機器がありませんか?それが邪魔してるかもしれません。

総 評

Macのクラムシェルモードで、問題なく使えています。

やはり、持ち運びができるキーボードだと考えた方が良いですね。普段使いには向いていないと思います。

その理由は、長時間の使用はキーが重くて疲れるということと、コンパクトなために狭苦しく感じてしまうということ。やはり、テンキーの付いたフルサイズのものは、気分も手も楽に文字を打てると思います。

キーボードが常設なら、USB接続の安物(1000円ぐらい)でもフルサイズのものをお勧めします。
ちょっと高いけど、ロジクールのK370sは1台のキーボードで3台のデバイスをボタン一つで切り替えながら使える優れものです。お勧めですね。

▼ ボタン1つで、3台のデバイスを切り替えて使える優れもの。
※PS4ProはUnifyingで使えますが設定に難あり。また記事にします。


一つだけ、気になる点が。
JETechキーボードを買った当初は結構ひどい遅延が発生しているようでした。私のタイピングに入力が追いつかない感じだったのですが、今回インプレの為に久しぶりに使ってみると、ほとんど問題無し…。何だったのかなあ…。

以上で、”JETech Bluetoothキーボードのペアリングと使い方の詳細。そしてインプレ”を終わります。

スポンサーリンク