モンベルのパウダーシェッド パーカをO.D.ベースクリーナーとO.D.メンテナンス S.R.ウォッシュインを使って洗濯【やり方】

パウダーシェッドパーカ

衣替えということで、モンベルさんのパウダーシェッドパーカをO.D.ベースクリーナーで洗濯し、O.D.メンテナンス S.R.ウォッシュイン(漬け込みタイプ)で撥水加工を施します。

今回は洗濯機を使わずに、タライに水を入れて手洗いでおこないます。

パウダーシェッドパーカは購入して2年が経過。主にバイクに乗るときに着用していたので、ちょっとだけハードに使っていたと思います。

前回は洗濯だけでしたが今回は撥水加工も施しました。

パウダーシェッドジャケットのインプレモンベルのパウダーシェッドパーカを街歩きやバイクに乗る時に着用しています【インプレ/改訂】
注意

手順はモンベルさんにメールで確認した方法ですが、私の見解も入っています。自己責任でお願いします。

必ず洗濯する人本人が商品実物についているタグなどから洗濯表示記号や洗濯方法を確認して適切な洗濯してください。よろしくお願いします。

▼ 今回用意する洗剤と撥水剤は…

 

O.D.ベースクリーナーとO.D.メンテナンス S.R.ウォッシュイン

O.D.メンテナンス S.R.ウォッシュインは漬け込みタイプの撥水剤です。

パウダーシェッド パーカの洗濯方法を商品のHPとタグで確認しておこう

洗濯の前に必ず洗濯方法を確認してください。

  • モンベルさんのオンラインショップ>パウダーシェッドパーカ>お手入れ
  • パウダーシェッドパーカの衣類についているタグ

要約してみると、

洗濯水は40度まで、洗濯機は弱コースで。塩素系(及び酸素系漂白剤)は禁止。

アイロンは120℃を限界として80℃~120℃(当て布をする)で掛ける。乾燥は日陰のつり干し。

ドライクリーニングはダメ。生地の性質として絞ってはダメ。

それと、モンベルさんに確認したところでは、『柔軟剤は使用しないでください』とのことでした。

パウダーシェッド パーカの洗濯の手順

今回は洗濯機を使わずに、タライに水を入れて手洗いでおこないます。

選択の手順

パウダーシェッド パーカの洗濯の前に

服に汚れが特にひどい部分やシミがないかしっかりと確認しておきましょう。汚れがひどいところは直接洗剤を塗布して洗います。

水をかけるなどして、洗濯前に撥水性能を確かめると良いでしょう。※霧吹きは水滴が細かすぎて服に浸透します。シャワー等でゆっくり水をかける程度が良いと思います。

そうそう、ポケットが多いので、何か入っていないか確認しておきます。

パウダーシェッド パーカの洗濯(押し洗い)の手順

  • STEP.1
    漬け込む前に

    ファスナーやペロクロは閉じておきます。汚れのひどい箇所は、洗剤を直接塗布して洗います。

    漬け込む前に

  • STEP.2
    ジャケットを漬け込む

    タライに15リットルのぬるま湯(40度)とキャップ2杯のO.D.ベースクリーナー(1着分)を入れて、しっかりかき混ぜる。(ボトルをしっかり振って攪拌してから入れること)

    次に、パーカを5分ほどタライの中に漬け込みます。

    衣類を漬け込む

    パウダーシェッドパーカは素材にたくさん空気を含んています。しっかり空気を抜きましょう。

  • STEP.3
    押し洗い

    押し洗いして汚れやシミを落とします。今回は汚れが酷かったので、10分ぐらい洗いました。

    洗濯の前と後の水の汚れ

  • STEP.4
    すすぎ

    洗浄液を捨てて、水が綺麗になるまで繰り返しすすぎを行います。

    しっかりすすいでおかないと、撥水性を低下させる原因となります。今回は手洗いなので、タライの水を4度替えました。

  • STEP.5
    脱水

    モンベルさんにメールで確認したところ、パウダーシェッドパーカは脱水機を使うことが可能です。

    ネットに入れてから脱水します。

    ネットに衣類を入れる

  • STEP.6
    撥水処理

    今回はO.D.メンテナンス S.R.ウォッシュイン を使って撥水加工を行います。

    この製品は漬け込みタイプなのでムラが発生しにくいという特徴があります。

    個人的には何度も吹きかけるスプレータイプのものよりも手間がかからず、ムラなく塗布できるこちらの方をおススメしたいです。

    15リットルの水またはぬるま湯にキャップ5杯分の撥水剤(1着分)を入れてかき混ぜる。しっかりパーカが水に浸かるようにすること。(ボトルをしっかり振って撹拌してから入れること)

    次に、撥水剤が染み込むように衣類を優しくもみ込む。その後10分程漬け込む。

    撥水漬け込み

  • STEP.7
    脱水

    ネットに入れて脱水します。

    洗濯が終わったらネットからすぐに出して干さないと、シワになりますよ…。

  • STEP.8
    日陰干し

    パウダーシェッドパーカは乾燥機は不可です。

    紫外線のダメージを防ぐために日陰で形を整えてからハンガーにかけて、つり干しして自然乾燥させます。

    干す前に、パタパタさせるなどして、ある程度シワを伸ばしてね。

  • STEP.9
    洗濯終了

    汚れが完全に落ちました。

    シミも一切なし。チョコレートがついたような汚れもクリーナーを直接塗布して洗った段階でしっかり落ちました。

    洗濯後の撥水剤のニオイですが、鼻を4cmぐらいまで近ずけてもうっすらと香るぐらいで、私は気になる程ではありませんでした。

    コップに入れた水をパーカにぶっかけて撥水性能をも確認しました。しっかり水を弾きました。※完全に乾いてから確かめること。シミになったりしますよ。

    というわけで洗濯が完了しました。クローゼットにハンガーがけして、これでおわり。

その他

パウダーシェッドパーカはアイロンがけによる熱処理で撥水効果を回復させることはできません。モンベルさんにメールで確認しました。

しわ伸ばしでアイロンがけをする人は、必ず当て布をして、アイロンがけするときはポケットの外枠テープにはしないようにとのこと。

おわりに

最初は色々と制約があり面倒だなあと思いましたが、洗い出すとあっという間だし、普通の洗濯とそんなに変わらず簡単でした。汚れもしっかり落ちたようです。

以上で”パウダーシェッド パーカの洗濯”を終わります。参考になれば幸いです。